11
1
2
3
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スタッフの件でお知らせ

試用期間中でした、トリマースタッフの小出かなえがホワイトベルに正式入社は致しません。

本人より6月17日に一身上の都合という理由で退職届が提出され、話し合いの結果、受理致しました。

犬の幼稚園はそのまま続行いたします。
ペットホテルも承ります。
新トレーナーを雇うまで私が担当いたします。

トレーニング教室はオープン当初からお願いしていた、横地あみトレーナーにまた戻って頂きました。
あみさんとご都合が合わない時は 私ベルママがトレーニング致します。

短い期間ではございましたが、皆様に励まされ本人なりに頑張ってくれたと思います。
6月30日に退社致します。それまでトレーニング等のご予約のお客様に精一杯トレーニングをさせていただきますので
よろしくお願い致します。




スポンサーサイト

小出かなえ 中村先生に行く前

小出の代わりにベルママが更新

こんにちは ホワイトベルのトレーナー 小出かなえです。

第26回の投稿となります 宜しくお願い致します。

2017年6月14日、15日、16日の三日間
私は北栃木愛犬救命訓練所 中村信哉先生の元に研修に行きます。

6月5日に初めて中村先生にホワイトベルにてタカちゃん訪問トレーニングでお会いしました。

社長から研修に行ってはどうか、いらっしゃった時に自分でお願いしてみたら?と言われていました。
お願いしたところ、快く引き受けて下さって本当に光栄です。

専門学校の2年間しか犬についての勉強はしていません。
入社してからは社長や関口さんから学んでいます。

トレーニングの技術は訓練士30年の中村先生に比べましたら引き出しの中身はほんのわずかです。

専門学校では本気咬みをする犬はいませんでした。
本気咬みの犬が居れば、その犬はすぐに担当犬から外すのが学校の方針でした。
本気咬みの子を生で見ることは初めてになります。

正直、不安で怖いです。

もしも中村先生の所で本気咬みの子を目の当りにしたら私はその場に立ちすくんでしまうと思います。

だからこそ私は中村先生の下で学び、現場を見て、困っている飼い主さんを一人でも多く救えるトレーナーになりたいと思います。

訓練の様子を拝見し、リードコントロール、リードショック、犬との関わり方、声掛けのタイミング、声のトーン、表情の読み方などひとつひとつ、中村先生の訓練方法を学ばせていただきます。

この機会を与えられたご縁に感謝し、社長に感謝し、三日間、多くの事を吸収し戻ります。

1秒1秒を無駄にすることのないよう研修に行ってきます。





いろいろお知らせ ②

4月から新入社員、ホワイトベル専属トレーナーとして頑張ってる小出かなえが、明日6月14日(水)から15日までの三日間、中村先生の元へ研修のためお休み致します。

中村先生はタカ吉を去年1年間、預託訓練し矯正していただいた北栃木愛犬救命訓練所の訓練士さんです。

訓練士30年の真の訓練士で、全国から預託訓練にワンちゃんを連れてくるご家族も多く、日帰りで迎えに行くことも多く、ギャン吠えパニックの犬と暮らし困り果てた私やトレーナーが直せなかった本咬みのワンちゃんなど中村先生が受け入れ、家族の元へ返すための訓練をしています。

普通の暮らしに戻してくれて、卒業犬のご家族さん達は本当に嬉しく楽しく幸せに暮らしています。

中村先生に出会えたことは、ありがたく幸せです。

タカは店には連れて行かないので知らないお客様も多いけど、散歩や生活を普通に出来ることの嬉しさ楽しさ、
そして万が一があればいつでも中村先生が助けてくれる安心感、ありがたいです!
このご縁に、小出を尊敬できる師匠として中村先生の元へ研修へ行くよう促しました。

小出本人も是非、勉強したいと中村先生が先週タカのトレーニングにいらした時に小出自ら申し出たところ、
快く引き受けてくださいました。

仕事や勉強は本物の師匠に学ぶことは大切だと思います。

三日間、しっかり勉強するように申し渡しました。

ホワイトベルのトレーニング、幼稚園、ホテルのトレーニングなど皆様のワンちゃんのために成長し、
お役に立て、信頼できるトレーナーになってもらいます。

ご報告まで

北栃木愛犬救命訓練所
http://avdj.sakura.ne.jp/

中村信哉先生から学ばせていただいたこと

こんにちわ!ホワイベルのトレーナーの小出かなえです!
第24回目の投稿となります。宜しくお願い致します。
2017年6月5日に初めて北栃木愛犬救命訓練所の中村信哉先生にお会いしました。
今回中村先生はタカ吉くんの様子を見にお越しになられ
実際に訓練風景を見させていただきました。
中村先生が来るまでは、お座りをかけられていても
自分で勝手に解除、
ケージに入れ社長が見えなくなるとギャン吠え
「うるさい!!」
と怒ると私の顔を見てずっと吠え続けていました。
ですが、中村先生がお店に入ってきて
「どうした~タカ~」
と普通の口調で言うと
「ピタッ」
と吠えが止まりました。
この姿を見て
凄い!!
私が言っていても聞く耳を持たず
「うるさいんだよ!!俺に指示するな!!」
という様子だったのに
先生を見た瞬間に我に返るなんて
ととても感動しました。
実際に私も
中村先生から咬んできそうな犬のリードの持ち方や、リードショックのやり方を教えていただきました。
タカちゃんの伏せ待て訓練を行っている時に
中村先生がお話してくださった内容をいくつか紹介します。
まずは
「犬が楽することを覚えるとズルをするようになる」
というお話。
伏せ、お座り、後へでも自分で勝手に解除を行ったり
少しだけ前に出ても怒られないと覚えると
「ここまでならやっても大丈夫」
となり
その少しの見逃しがだんだんと大きくなってしまう。
飼い主が訓練を行う前までよりも良くなっているから良いか
という考えからこのことが起きてしまっていると説明して下さいました。
確かに私の犬も
ボール遊びをしていても
手元まで持って来れるにも関わらず
一歩手前で口から出して
「投げて」
と要求していました。
人の手の上に乗るように気を遣うよりも
口から地面に「ペッ」と出した方が楽というズルでした。
私もズルしていると感じながらもボールを蹴れば良いからという甘さで許してしまっていました。
なのでこれからはズルをしないよう
必ず手元まで持って来るようにしようと思いました。
2つ目は
「回避ばかり行っていると最終的には逃げ道をなくしてしまう」
というお話。
他の犬が苦手で吠えてしまうから会わないように散歩する
拾い食いをしてしまうから何も落ちていないところを歩く
問題点を直さずに回避を続けていくには共に生活していく上で逃げれないこともある。
この方法でトレーニングを行っているトレーナーさんに
中村先生がどんどん質問をしていくと答えられなくなったそうです。
私の犬も
草をムシャムシャと食べます。
ですが、あえて私は草の近くを歩かせています。
トレーニングして直せるなら
今後共に過ごす時間を楽に過ごしたいという思いから
今頑張っています!!
最後は、
「トレーニングに古いも新しいもない」
近年のトレーニング法で主流なのが
おやつを沢山使っての方法です。
この方法は英国式と言われています。
ですが、犬の咬傷事件の件数を見て見ると
イギリスでは7千件
日本の2倍
ドイツでは3万5千件
日本の10倍です。
この数字を見て英国式のトレーニング法が良いとは思えません。
咬傷事件が多いのになぜ英国式でトレーニングを行うのでしょうか?
その理由として挙げられるのは、
ヨーロッパやアメリカでは
咬み犬や問題犬は殺処分が行われているからです。
日本では殺処分を減らす活動が増えているにも関わらず
殺処分の多い国のトレーニング法が主流になってしまっています。
本当に直したい問題を英国式トレーニング法で良いのでしょうか?
私も疑問に感じました。
このようにとても貴重なお話を直接中村先生から
お聞きすることが出来とても勉強になりました。
中村先生の下で勉強させていただきたいと思い
中村先生にお話しすると
「来ていいよ」
と言って下さいました。
中村先生の下で勉強することが出来るのは
今後のトレーナー人生での大きな自信に繋がると思います。

お試しトレーニング№7

こんにちわ! ホワイトベルのトレーナーの小出かなえです!

第23回目の投稿となります。 宜しくお願い致します。

2017年5月15日(月)にチワワの小太郎くんのお試しトレーニングを行いました。

お悩みは
「待てが出来ない」
ということです


そのため今回は
ママさんの合図があるまでは
座って動いてはいけない
というトレーニングを行いました。


小太郎くんは
腰を押してもなかなか座らなかったため
ママさんには根気よくお座りの姿勢になるまで押してもらいました。
約10分程行ってもらうと
少し腰を押すだけで
「ストン」
と座れるようになったので次の段階に進みました。


内容は
ママさんにしゃがんでもらい
足の横で小太郎くんを座らせ待てをかけてもらい
ママさんが立ち上がっても座って待っているトレーニングです。


ママさんが立ち上がろうとした瞬間に
小太郎くんは動きだしていたので
動いたらすぐに小太郎くんの腰を押して
「ダメ!!」
と声をかけてもらいました。


約30分程動いたら元の位置に戻すを繰り返し行ってもらうと
ママさんが急に立ち上がっても小太郎くんは
座って待っていることが出来るようになりました。

次に行った内容は
座って待たせた状態でママさんとの距離が1m程離れても動かないトレーニング


動いたら元の位置に戻す
動いたら元の位置に戻すを何回も繰り返していくうちに
小太郎くんが動いた時のママさんの
「ダメ!!」
という声かけで小太郎くんは
「ですよね・・・」
という風に止まって座るようになりました。

始めは5秒も座って待てなかった小太郎くんが
50秒もママさんと離れた距離で待っていることが出来るようになりました。


そのため更にママさんと距離が離れても待っていられるように
小太郎くんにお座り待てをかけてもらい
ママさんに店内を何往復も歩いてもらいました。

動いてはいけないと理解してきたようで
次はカフェマットの上から出てはいけないというトレーニングを行いました。


マットから出た時はママさんに
「ダメ!!」
と言ってマットの上に戻すのを何度も繰り返すと
マットの上で伏せてリラックスをするようになりました。

少しママさんが気を抜くと動いていましたが
マットの上から出ることはありませんでした。


トレーニング終了後、ママさんが休憩をしている際も
約60分程マットから出ることなく伏せて待っていました。


カフェマットがあればドッグカフェ等で
静かに待っていてほしい時
「このマットの上からは出てはいけない」
と分かりやすく出来ます。


与えられた場所から動かないというトレーニングが出来ていると
外出時や災害時に落ち着いて待っていられることが出来ます。

ママさんにカフェマットについてお伝えすると
「へぇ~!!すごいね!いろんな人にこのカフェマットトレーニングを教えてあげて欲しい!!」
と仰ってくださいました。


ぜひホワイトベルのトレーニング教室に参加していただき
万が一の時に備えて
「待て」と「カフェマット」のトレーニングを行いましょう!!

ご利用お待ち申し上げます。



『 トレーニング料金のご案内 』
初回お試しトレーニング 90分 ¥2160(税込)
☆トレーニング会員としてご入会際は 初回カウンセリング(約2時間)※トレーニングも込み ¥10800(税込)
『幼稚園料金のご案内』
お試し体験幼稚園 10時から16時まで、幼稚園を体験できます。5400円(税込)
ワンデー幼稚園1日 10時から17時まで 8100円(税込)
お問い合わせはお気軽にご来店ください。
毎日、受付中です!  お困りのままにせず、解消していきましょう!


プロフィール

ベルママ

Author:ベルママ
ホワイトベルのお風呂は国内で当店だけ。
犬用の超音波の泡風呂発祥の地(^^)v
ナノバブルサイズの泡のパワーと超音波の相乗効果でお風呂で今までにない仕上がりをご堪能ください!

ホワイトベル 電話 0422-39-3656 


☆ 入浴頭数 祝 1万5000頭 ☆ 2017年8月

たくさんのワンチャンにご利用&リピートいただいています。


【 犬スタッフご紹介 】
犬店長 つなちゃん11歳♂ボストンテリア(ペット里親会出身)
在宅店員 タカ吉5歳♂BT(北栃木愛犬救命訓練所1年入所・卒業)
女子店員 コマメ5歳♀(ペット里親会出身) 
見習い店員 カイト11歳♂(H27、5月近所で保護)


ホワイトベルポリシー・・・

『光と水のリラクゼーションと居心地のいい空間を 愛犬とご一緒に』
トリミングサロンも取扱商品もこだわりにこだわったお店にしました。

1.ホンモノの超音波の泡のお風呂(医療用具認定)をシャンプー&カットコースに使用しています。

2.アーク光線療法
アーク光線(医療用具認定・資格取得済)は血行促進・健康維持に効果的です。アーク光線治療機をおいたペットサロン第一号店です


店内には、厳選したドッグフードや安心なおやつ類、犬服も販売しています。
お買い物だけでもどうぞお入り下さい!
 
取扱い商品 ※ビッグウッド正規代理店


   ホワイトベル
東京都武蔵野市 境南町(キョウナンチョウ)2-13-3 1階

武蔵境駅 徒歩 3分  近隣に大型駐車場 3ヶ所有り

電話 0422-39-3656

午前10時~午後7時 

☆☆定休日☆☆  毎月第2・第3水曜日 

10月の定休日・・・11日水曜日、18日水曜日



愛犬のカウンセリング『食事・しつけ・健康』相談を受けています。


【ベルママの持ってる資格】
愛玩動物飼養管理士 1級
ドッグライフカウンセラー(第28005号)
ホリスティックケア・カウンセラー
ホリスティックペットシッター
動物取扱責任者
光線療法指導員(日本光線療法協会認定)
食品衛生責任者
気学鑑定士 鑑定士名 渡邊 人水

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

ベルママTwitter

LINE @ホワイトベル

ホワイトベルの公式LINEです
友だち追加数

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク