12345678910111213141516171819202122232425262728
2008-06-19 (Thu)
昨日は二人、お客様がいらっしゃいました。

午前中は お得意様のウイガー(黒柴♂2歳)のママさんが 稲城から時間を割いて
来てくれた。二児のママさんでパパさんのお仕事もお手伝いして 毎日多忙なのに
私の再三の脅迫に近いような(~_~;) 来てくださいね~~のラブコールに応えてくれて実現。

ウイガー ↓なんとも精悍な顔立ち、凛々しそうに見えるけど パパさん子でへなちょこ。そこがまた可愛い~
柴犬ちゃんを飼うなら 黒柴が飼いたいと思っている私にとっては 甥っ子のような存在、孫に近いか?可愛くて仕方ない子。
!cid_125480605@07052008-1935.jpg


ウイガーママさんのお目当ては もちろん私に会うことなんですが もうひとつ 魔女の手作りケーキを試食です。
昨日は シフォンケーキと チーズスフレをご馳走しました。

シフォンはその後も来客があり食べつくして証拠写真がありませんが チーズスフレはこちら
IMG_0522.jpg


今回はキメが荒くなってしまった。味は確かですよ。
ウイガーママさんも美味しい美味しいと感動して召し上がってくれました。
ニコニコと召し上がっている姿は ホントウに嬉しくなります。

私の叔父は銀座のある中国料理の有名店の総料理長でした。
今は自宅を改造してお店をやっています。
従兄弟も鶏料理専門店をやっています。
私の父も母より料理は得意で 味にはうるさいほうです。

DNAに入ってるんじゃないですか?才能が・・・と ウイガーママさんに言われました。
嬉しいですね~~~やはり天才なんだろうか??と 舞い上がってます(*^^)vアハハ・・・
目の前で召し上がっていただき、そして感想が褒められる と 嬉しく感じるのもDNAなんでしょうかね~


午後から来た女の子も同じことを言っていましたが
チーズケーキに下に敷いてある クッキー生地は いらない。というご意見でした。
スフレやケーキの下に スポンジやクッキーを砕いた物を敷くやり方がありますが
それはいらないのよね~~無くても良いと思います!!と・・・

なるほどね~
私のこのチーズスフレは よくある フワッフワしたスフレとは違います。
しっかりとしたベイクドチーズケーキになっていますが レシピーの名前の通り チーズスフレとしています。

その場で食べていただいての意見ってとっても大切で そのためにお客様を招いては
試食をしてもらっています。

その方の年代層のカフェの使い方や ケーキの見方、あり方、値段や食べたいものなど
現場の意見というのでしょうか とても勉強になります。有難いです。

コーヒーも追加の講義を受けてから 一段と味をあげたようで褒められました。

よし。頑張るぞ!!と また気合を入れなおし 今日は何時までかかっても メニューを完成させます。

マキさんお忙しい中、ありがとう!!

スポンサーサイト
| | COM(0) | TB(0) |
2008-06-15 (Sun)
右肩の負傷は悪化してしまって 6日の金曜日から右手の甲、人差し指、薬指にしびれがずっと残っています。
お得意様にはご心配をおかけしています申し訳ございません~
本人は至って元気なんですが 書き物仕事や発送日荷造りの最中に痛みが走ったり
下手くそな字がよけいに下手になったりすると そのたびにカア~~~としています。
利き手をやられると どうにもこうにもすべてに不便。

シフォンのおさらいもできないし、新しいケーキの練習も出来ないし・・・
と ふてくされても居られず とうとう物件が決まりました。

契約日、オープン日も選日済み(*^^)v駐車場の確保もとりあえず。
あとは 資金調達が無事に済めば・・・念願のホワイト ベルのサロンのオープンです!!!

カフェズキッチンで仲良くなった キースパパさん(Gレトリバー♂キース君のパパさん)と
物件を探し続けていましたが とりあえず私がお先に決まったようで その物件はキースパパさんも
見た物件でしたが コンセプトが違うのでキースパパさん的には合わなかったらしい。

同じ星の生まれ(九紫火星)ということもあり 今年の良い運気の同時期に見つかってくれるといいな~~と願って止みません。
きっとあるよ、キースパパさん。1件でいいんだから ぴったりの店に巡り会うはず(*^^)v

先ほど キースパパさんが カフェズキッチンに専務(彼は私をそう呼ぶ)のブログが紹介されていましたよ!と携帯にメールが来た。

お?と カフェズキッチンの学園長日記を覗いて見た

ココです→学園長日記

ムフフ なんだか嬉しい。
無断で学園長のニコニコ写真をココに載せちゃってたから・・・来週会ったら怒られるかな~?(^_^;)
なんて心配していたんですが・・・
きっと学園始まって以来の 異端児、というか うるさい生徒になってしまったと思います。
でも スタッフの皆さんは心が広いから うるさい私を笑いながら受け流してくれました。
佐奈栄学園長をはじめ、佐々木さん、林さん、ヤジマッチ、ありがとうございます~♪
とても楽しく通えました

去年の10月から学園に通い始め、提出物はまだだけど卒業試験を済ませて こうしてすぐにぴったりの物件に巡り会えた事は トントン拍子に進んでいるようでとても幸せに思います。

この歳にして(^_^;)生まれて初めてケーキを作ったのが シフォンケーキ。
なかなか膨らまないといわれているシフォンがあんなにも膨らんで キメも細かく出来上がったことに
それまで味わったことの無い 嬉しさ、感動を味わいました。

11年間、ワンコ世界にどっぷりだった私には 未知の世界だったカフェやケーキ作り。
私って天才?って おだてりゃ木に登るって感じで舞い上がってしまった!

これは 先週7日の しゃんぷうと南妃ちゃんのお誕生会に作って持ってったシフォンです。

IMG_0501.jpg


みなさんに大好評でした。
こんなにフワフワしているなんて!
これがシフォンケーキなのね~~・・・
と お褒めの言葉を頂きました。

自信になりました、ホントに。
コーヒーもドリップでもサイフォンでも美味しく提供できると思います。

肩の負傷で パワーが落ち気味だったけど 学園長の日記で復活できそうです。
見守っていてくれる人がいるって嬉しいですよね。

さ、これからが正念場。これからが勝負。
メニューを決定して お店のレイアウト、看板や表のデザイン。
ウキウキしちゃうな~~~~~自分の居場所。お城が持てる感じですかね~~大袈裟かな~

きっと 他の卒業生もこういう気持ちで取り組んでいったんでしょうね。

重い腰に鞭打って頑張ります!

学園長日記http://gakuenchou.cocolog-nifty.com/
| | COM(1) | TB(0) |
2008-05-20 (Tue)
名古屋のお客さん。モッチャン。
年上のお姉さまで尊敬する女性。
お子さんを立派に育て、バラを育て、猫ちゃんもボストンも健康に育て、
決して外食をしない旦那様のために 朝昼晩とバランスの取れたお献立を作り、
家族の看病には自分の時間なんて当たり前のように捧げる。
いつも前向きで明るく、どんな苦労でもしっかりと受け止めている姿勢。

恥ずかしくてまともに向えないほどの 凛とした女性。

いつもご注文のお電話を頂くたびに、切った後、反省モードになってしまう。
あ~~こんな風じゃイカン。モッチャンなんてあんなにシャンとしているのに って
そのたび、こうしよう、ああしよう、努力しよう、と 自分を見返る。

昨日、お電話で このところあったワンコたちとの別れを話した
淋しすぎてドスーンと沈んでしまいました と。

みんなそばにいるのよ。
亡くなっても 自分のまわりにいつもいるのよ。
だから淋しくなんて思わないで。
みんないるんだから・・・

と。

タロウちゃん、クロちゃん、モモタロウちゃん、ブルームさん、あれちゅわん
おいで~~~!!って言ったら きっとみんな飛んできてくれるはず。
可愛かったよね、思い出すね、って 話したら みんな嬉しくなるはず。

淋しさを乗り越えるのは 時間がかかるでしょう。
みんなの飼い主さんたちは なおさら時間がかかるでしょう。
整理なんてつかない心、忘れられない記憶、ドキドキ襲う淋しさ・・・・・
いろんな気持ちが高波で襲ってくるのでしょう。

ペットロス なんて 味気ない言葉で片付かないでしょう。

でも いっつも一緒にいる って思う心で 淋しさから少しでも開放できたらいいですね。

私は 母や祖父祖母との別れは経験したけど ワンコとの別れは一度も無い。
高校生の時、飼っていたインコのあられは 窓から逃げて行っちゃったお別れだったし。

別れを想像するだけで 怖い。

タロウちゃん、クロちゃん、モモタロウちゃん、ブルームさん、あれちゅわん のためにも
もっともっとワンコを救える自分になれたら みんな褒めてくれるかな?喜んでくれるかな?
事ある毎に思い出そう。みんなのこと話そうっと。


飼い主さんたちと一緒にいつもそこにいる と思って 私はこの淋しさから離れようと思います。
みんないっぱい教えてくれたから。ありがとう!!


悲しみが続いて 私までをもご心配してくださっている皆様、ゴメンナサイ。
この子達に笑われちゃうから 鬼の目に涙って(~_~;) 悲しみの谷に落ちないように 
元に戻りましたので ダイジョウブですから (*^^)v

いつもの小うるさいのりPになってますからね(^_^)/

写真  5月4日
落ち込んでいる私を気遣って 翼ママが 御岳渓谷と奥多摩湖に誘ってくれました。
翼ままちゃんありがとう☆

そして 初めての 4ショット  マーチ、キャスパ~、光、翼  不仲な様子が解りますが(~_~;)

石碑前


青梅御岳渓谷
御岳渓谷


奥多摩湖にて

奥多摩湖




| | COM(2) | TB(0) |
2008-05-17 (Sat)
あれ

南妃ちゃんちの あれちゃんが天国に旅立ちました。

マーチの幼馴染のBOSS(ボストン♂12歳)の兄弟で三男坊のあれちゃん。
あれちゃんは(本名アレックス♂) ボルゾイで生まれたんだけど 性格はパピヨン好きの優しいコ。
自分もパピヨンだと思っている。

南妃ちゃんが結婚して 旦那さんのかずちゃんの連れゴが しゃんぷう(アメコ♂8歳)とあれちゃん。
BOSSにはいきなり 中と大の兄弟犬ができたのだ。

去年の12月、兄弟犬たちに付き添いで病院に行ったあれちゃんも院長先生に検診を受けた。
そこから 闘病生活が始まってしまった。

言われた病名が

拡張型心筋症  拡張型心筋症

もうすぐ迎えるであろうお正月が山だといわれた南妃ちゃん。
突然、言われた病気が こんなにも重い病なんて、私も信じられなかった。

山は何度も小山であれちゃんを襲ってきた。
でもね、それから半年も時間があったの、あれちゃんは家族に一緒に居る時間をこんなにも多く
与えてくれたの。

そしてホントウのお山が来そうだ、と 南妃ちゃんは解ったの。
もう あれちゃんはそのお山は越えられない、って 愛情一杯で育ててきた飼い主さんには
見えてしまったんです。

これからどういう事が起こるかも 知ってるの、家族は。

そして 昨日5月16日。
あれちゃんを安らかに眠らせたんです。
苦しまないよう、発作になんて耐えられないし、そんな思いさせられないもの。

あれちゃんが天使になる前の日。
南妃ちゃんに無理を言って 写真を撮らせて頂きました。
通院の帰り、あんなに暑い中、待たせてしまってゴメンナサイ。

やっぱりあれちゃん つらそうだった。
でもね、車から降りて 小さな公園で 辛い体でちゃんと立ってね、写真を撮らせてくれたの。
いっぱい撮りました。

そして あれちゃん~~!!またねえええ!!!って 笑って見送りました。

この半年の 彼、いや彼女の献身的過ぎるくらいの身を削る看病の姿は 頭が下がります。
埼玉から練馬まで 1日おきに胸水を抜きに病院通い。
夜はきっと寝ずの番をしていたはず。

その日のこと(南妃ちゃんゴメンネ、勝手に引用しますよ)

『あれちゃんは私の足に頭を寄りかからせて、抱っこされながら
ゆっくり寝ました。
具合が悪くて前日からたぶん一睡もしてなかったと思います。
寝たとたんに穏やかな顔に変わりましたよ。 』 南妃ちゃんの日記より

良かったと思った。だって あれほどの辛さから開放されたんだもん。
この決断で正解なんです。飼い主さんしかわからない 時 なんです。



私は こんな献身的に看病できるのだろうか?
一度くらい、いや 何度だって愚痴ってしまうだろうし、家族に八つ当たりもしちゃうかもしれない。

こうして 強く決断し、揺るぎも無く心を持ち、見送ること、私には無理かもしれないって・・・

あれちゃんのこの闘病半年間は いろんな事を思いました。
看病、介護、病院、病気、心、別れ。

ありがとうね、あれちゃん。 
今頃、楽になった身体でルンルンルン♪と花園をスキップしてるはず。

あれちゃん、黒白のコがいるでしょ~モモタロウちゃんだよ。白いコはブルームさん。
みんなで飼い主自慢大会でもしてちょうだいね♪

そして なるべく早くさ、それぞれのおうちに戻ってね!!


IMG_0219.jpg




| | COM(3) | TB(0) |
2008-05-13 (Tue)
時間はドンドン過ぎていく・・・・近況報告 その1

5月に入って早々、1日は静岡に社長と出張。
ドッグカフェ(予定)を開店するに当たり、当初より予定しているメディカルサロンを併設するのでその見学&打ち合わせ&体験に 本社のサロンまで出かけた。
マーチとキャスパーはお留守番で日帰りでしたが 静岡って意外と近かった。

従来のトリミングサロンではない ペットのメディカルサロンをやりたい。
私の本来の仕事らしい 悩める飼い主さんのための癒しのサロンが目標です。
そのためにこれからますます多忙になりますが 嬉しい多忙なので 身体もサクサク動くでしょう!

5月3日は カフェズキッチンで仲良くなった友人たちと懇親会。
今回は私が幹事なので会場は 吉祥寺。1次会は BICKE(ビッケ)
世界のビールが堪能できるお店。7時過ぎから閉店まで 5人で(というかほぼ三人で)31本のビールを開けたらしい(~_~;)
二次会は 行きつけの わらう月 こちらも閉店午前2時過ぎまで 居座り
泥酔はしてなかったけど 良い気分で酔ってしまった
なにしろ 学園(カフェズキッチン)で知り合った キースパパとウメちゃんは 年上さんなんだけど とても気が合ってしまい こうした懇親会で集う仲間になった

電車が無く 帰れなくなった キースパパとウメちゃん母娘は とりあえず我が家の狭いリビングで雑魚寝して 始発を待った。
眠さに耐えられなかった 私は床に休ませていただき キースパパが帰ったのさえも知らなかった。

いつもはこんなにも飲まないんですが せつないことが続いたせいか この楽しい雰囲気に浸かって逃れたかったのか ついつい飲んでしまった

じつは
4月30日に キャスの系統でもあった九州のお客さんのコが 交通事故で逝ってしまった。
まだ 3歳と8ヶ月だった。キャスのようにちょっとおかしなボストン♂だった。
どうにもこうにも辛かった。もちろん飼い主さんが一番辛いはずですが 悔しさ、悲しさ、無念さ いろいろと込みあがってきた。
遠いから 何もしてあげれなかったことも後悔になった。

忘れないこと、モモタロウちゃんを忘れない。
会えなかったけど 親戚のコみたいだったモモちゃん。今頃天国で生まれ変わる相談でも
しているころかも。

別れは続いてしまった

1日、静岡に出張に行っている時
ブルームさん(ブルテリア♀9歳)が 逝ってしまった
鼻に腫瘍がありずっと治療をしていた
飼い主さんは献身的な愛情たっぷりの看病をし ブルームは応えていたに違いない

ブルームのママさんのメールの一部です

『2ヵ月半近く前から下り坂を駆け下りていくスピードで悪化して
いって闘病生活は壮絶極まりなく苦痛を与えているだけで
見ていて辛くて仕方なかったけど、ブルームは何一つ泣きごとを
言わず頑張ってくれました。』

ワンコも頑張り、家族も踏ん張る、愛情が痛いほどよく解ります

ブルームさんが逝った日、ご縁を感じずにいられないの、静岡の出張に行く大元のきっかけを
作ってくださったのが ブルームのパパさんとママさん。
お二人がキャスのためにとしてくださった厚い厚いご好意のおかげでメディカルサロンを開こうという気持ちになった。

まるで申し合わせたかのように その日 ブルームは天国へ旅立った
モモちゃんと会ってるかも、そしてふたりして 生れ落ちる段取りを話しているかも・・・


ドスーンとね 心が落ちたようでした 暗い雲がかかったようでした

ブルームさんのことは 気にはかけていても 便りの無いのは元気な証拠 だと勝手に思い込み
2ヵ月半もの間、壮絶な看病をしているブルームのパパママに何にもしていなかったことが
後悔でたまりません。

何もできなかったことって 悔しいですね

だから こうしようと思ったときに行動する と決めました
あとで後悔することにならないように やっぱり精一杯に動かなくちゃ と。
モモタロウちゃんの分も ブルームさんの分も マーチとキャスパーを大事に長生きさせます
モモちゃんの飼い主さんがもっとしてあげたかったことがあるように ブルームのパパママさんが
もっとしてあげたかったように 可愛がります

モモちゃん ブルーム 早く戻っておいで、それぞれのおうちにね





| | COM(5) | TB(0) |