12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-08-31 (Thu)

IMG_0352.jpg
イイお天気!気分もすがすがしくなりますね。
湿気もなくて だんだんと秋の気配が風、空、雲に表れてきた。大好きな秋に突入です。

そんな気分も良さ気になる今日この頃、友人に嫌なことがあったらしい。
私もあった。
うちの敷地をでるところにごみ収集コーナーがある。おととい、そこでハスキーを2頭連れている奥さんに会った。うちはお散歩も終わり、そのあたりでのんびり歩いていた。
わたしは相手が挨拶してもしなくても犬連れの方にはご挨拶をする。こんばんは!!といつものように元気良く声をかけると、あちらもこんばんは!と返した。
その次の瞬間、そのごみ収集コーナーの角の壁に、まずはオスであろうハスキーがジャ~~~~と体型に見合った量のオシッコをした。
飼い主は止めない、まあ、私らがそこの住人だとは思っていないんだろう。
そして次に、もう一頭のメスであろうハスキーが ゴミを囲う青いネットの上に、体型に見合った量のオシッコを女の子のやり方でジャア~~~~~とした。


目を疑った、やらせ放題なのか?ゴミのネットなんて住民が触る物だし、よそ様の物ではないか?うちもキャスがネットにしたがるけど、絶対にさせない。
しかも 大型犬に入るハスキーのシッコは半端じゃない量で、わたしはその後に木酢液入りのお水をまいた。
お散歩コースのある家の側を通ったときに、マーキャスはシッコもなにもしていないのに電信柱のにおいを嗅いでいたマーチにそのオヤジは水をかけそうになった。
臭いからさせるな!!と怒りの一声。わたしは冷静に『させませんけど・・・(にらみ)』と言うと『匂うんだよ、家の中まで!!』と怒りの続き・・・

気持ちは解ります。きっと電信柱だからイイか!と大きな犬が多量のシッコをしたら、窓からプンプン匂いはしますよね。実際、雨上がりが超臭いらしいです。

こうして ちゃんと犬を飼っている人も マナーの悪い飼い主もイッショクタンにされるのよね~~
しかし 大きなコのシッコやウンチは さすがすげえなあ~~と目の当たりにして実感。
トイトイトイトイトイプードルのツーチャのしっこなんて、大さじですくえたりして~(*^_^*)

そして 昨夜、こんどはそのハスキー♂♀を旦那さんが連れていた。
おいおいまたすんのかあ???と出くわした私たちは見ていた。
やっぱり そのコーナーの壁に♂、ネットに♀が シッコをしていった。

唖然。愛玩動物飼養管理士としては 今度見かけたらただじゃ~あおかねええ!おっと、江戸っ子がでちゃったぜ、もとい、きちんとご注意させて頂きますわ~~

チョッチャン、しみちゃんも嫌なことがあったようで、いいよ!うちでぶちまけても!
構わないからね!!

スポンサーサイト
| ドッグライフカウンセラー | COM(4) | TB(0) |
2006-08-30 (Wed)

IMG_0357.jpg月曜日は初めてMIX犬のカウンセリングだった。
トイプーとMダックスのMIXの男の子のゴハン&躾けのご相談でした。
両犬の頑固さを兼ね備えているようで 飼い主さんは手こずっているようでした。
幼稚園にも通わせていたようで、そういった経験の飼い主さんも初めてだったので わたしもとても勉強になったカウンセリングでした。
涼しくなったら面会の予定(*^_^*)どんなワンちゃんなのかとても楽しみです。
今回の飼い主さんもとても真面目にワンコとの生活に取り組んでいました。
しっかりとメモをされて帰りました。

わたしは ワンコと暮らすことは幸せでなければいけない。と思っています。
めぐり合った事も幸せ、育てる楽しみも幸せ、一喜一憂し、迷ったり悩んだりする事も、ワンコが居るからこそ。例えば我が家のように病気を持ったとしても 治すために努力を惜しまず、時間や費用を費やすことも、飼っているからこその幸せ(ちと、自分を慰めているようですが・・・(~_~;))
そばにこの子達がいるから、それをしてあげられる。そして彼らはいつだって飼い主さんを見てくれている。頼りにしてくれる、尊敬にまで値したらものすごい飼い主さんだ!
自分でお外にもいけない、ゴハンも作れない、留守番だってホントは大嫌いのはず、でも我慢して泣かずにじっと待ち続けている。

愛おしいですよ・・・過ごした時間が思い出となり、それが宝物になる。
わたしは マーチ、キャスを抱っこすると、宝物だからね!と言いながら撫でている。
ホント、宝物ですよね。
どんなワンコだって人間と暮らすことで幸せになる、と思う。
人間だって ワンコと暮らすと幸せになる。

幸せだと感じずにワンコと暮らしている人もいることでしょう。
近所に1年中、ガレージに離されている外飼いのラブちゃんがいる、真夏に姿が見えなかったから、もしや熱中症で?なんて心配していたら、先日の早朝散歩でそのガレージで姿を確認した。
大きなステンレスの水が入ってあろうお皿の横に寝そべっていた。
心の中で『元気だった??』と話しかけた。『おお!なんとか元気だよ』と聞こえた気がした。
彼は彼なりに そういう飼い方をされていても きっと幸せなんですよね・・・
彼が寝ている後ろの壁には 長い間、そうされていた証(アカシ)のように 身体と同じ大きさのシミができている。見かけなかった時にそのシミを見るのが辛かった。
壁にシミができるほどの長い時間、寝ていたんでしょう。
そして彼は声が出ません。ヒャンヒャンと音のない吠え方をしています。
それでも 彼は幸せ、ですよ!きっと。
早くこの暑さが去って、彼に涼しい風があたり、過ごしやすくなればいいなあ~~と願う。

彼を見かけるたびに、散歩から帰宅後、マーキャスを余計に愛おしくなり、大事にしようと、都度、誓う。

| | COM(0) | TB(0) |
2006-08-27 (Sun)

IMG_0392.jpgIMG_0396.jpg
8月26日土曜日のお客様たち
土曜日は 1番目に写真左のボストン♀マーサとパウ&パウママ(ミラクルマミー)さんご夫妻が 院長診断の帰りにゴハンを買いにお立ち寄り~
マーサはまだ4ヶ月のパピー!それはもう美味しそう!いやいや可愛い!だんだん美人になってきてこの先が楽しみです。
帰り際、ゲストハウスに入っていたマーサを出そうとしていたパウママに・・・


魔女『ねえ!マーサ、どうすんの??マーサ・・・どうすんの??』


パウママ『どうするって・・・・』と抱っこする腕が止まって、戸惑うパウママ。

クックク・・・魔女の魔法にひっかかりそうになった天然頭クラブ会員のパウママは、連れて帰るに決まってるのに、動作を戸惑った(~_~;)
ふと我に返り・・・パウママ『連れて帰りますよ!!!(プチ切れ)』とマーサを抱っこした。
『あああ~~~危ないとこだった~~』とため息。悪戯するとナイスボケをかますパウママだった・・・パウちんはといえば、5秒お座りしては動き、4秒伏せしては動き、魔女に一喝されても聞こえませええん~~だった。秋からの大魔王の猛特訓に期待大。
軟口蓋過長の手術を控えて、術前まで酵素攻撃で治癒力アップしてください!頑張れパウちん!

そして 隣のアプリコットトイトイトイトイトイトイトイプードルは 翼ちゃん(愛称ツーチャ!)♂体重2キロのスレンダーボーイ。毎度、会うたびに魔女のいじめの標的にされる。が、ツーチャ、ツーチャと呼ぶと怖いけど~~って顔で近づいてくる。抱っこすると震える。助けて~~!パパあああああ!!と逃げようとする。ツーチャはスパミールに変えて1年経ち、筋肉も付いてきた。

超音波入浴のおかげもあり、毛並みはどのプードルにも負けへんでえ!というくらい、フワフワの羽毛のような気持ちの良い手触りとツヤ。2頭目の光ちゃんが来てから 押され気味のツーチャだけど、ツーチャはそれなりにお兄ちゃんを誇示しようとしてるのかも・・・

強い弟に負けるな!ツーチャ!!

そして 3組目のお客様は もうかれこれ長いお客様、ご近所のボストン飼いのボス丼ファミリー様ご一行(ボス丼はお留守番)
ココのママちゃんは 私がガルシアを教えてしまったため、ガルシア中毒になりかかっている。
9月に新商品が出るというと、これ!欲しかったんですぅぅと ガルシア中毒症状を出している。
わたしもマーチパパに 呆れられているが・・・
だって~ボストン飼いには ヒッピーちゃんが目の毒だものおおお~!


パウちんご一行様、ツーチャご一行様、ボス丼ファミリーさま またいつでもお立ち寄り下さい。

>> ReadMore
| | COM(4) | TB(0) |
2006-08-23 (Wed)

IMGP1316.jpg
今日は マーチの健康検診の日。
今年に入り、キャスパーの体調不良で病院といえばキャス、って感じで 調べて見ると 2ヶ月おきだったマーチの心臓検診が2月から怠っていた。
マーチは不整脈と僧帽弁閉鎖不全症なので 定期的に心臓の検査が 我が家では義務付けられている。(渡邊家条例 第3条 定期的な健康診断について 51ページ参照)
それでも院長診断時には 心音も聞いて頂いているし、このところ音の具合もよく、心臓病から来る発作などは今まで一度もないし、ガアガアと息は上がるけど 散歩もよく歩く。
吐き気もチアノーゼもないし、飼い主が見ても大丈夫そう。

でも、でも心配だから キャスの具合も落ち着いている事だし、検査をお願いした。
朝、10時半頃に病院に連れて行って入院。
血液検査、エコー(心臓・肝臓)、心電図、レントゲン4枚、今回は心臓だけでなく、バロンの事件もあったので内臓も調べてもらった。
病院について K女医が出てくると、ちょっとほんのちょっとだけ嫌そうな素振りをしたけど、ほら~Oっち(マーチの彼女・看護士のOさん♀)がいるよ~待ってるよ~~というとサッサッサと足取りも軽く、尻尾をフリフリスタッフのドアから診察室へと消えていった・・・(~_~;)
数年前まで、ちょうど膝蓋骨脱臼の手術をした当時は病院が震えるほど大嫌いだったけど、スタッフみなさまの優しさのおかげもあり、また大好きにもどっている。

3時過ぎに電話があり、検査が終わったとのこと。
マーチャン合いたさで早々に迎えに行くと 診察室で歩いているマーチが見えた。
ドアのチャイムで振り向いたマーチは お!かーちゃん!って顔はしたけど そう喜んだ様子はない。こういう時に 昨日のしゃんぷうさんのアメリカナイズなオーバーリアクションの喜び様が羨ましくなるんですが・・・

毎度、おとなしく心電図のパットを身体のあちらこちらに貼られて おとなしく心電図をとって、おとなしくジェルを塗られて、おとなしくエコーをとらせるらしい。
マーチちゃんは手がかからないから~~~って褒められる。
しかも 病院で楽しそうに我が家のごとく遊んでいた。
いいよ!べつに!(>_<) enjoyしてくれてもさ~~~楽しんでればいいじゃん~
健康診断で明るくenjoyしてるのも マーチくらいさ!

諭吉さんを支払い、外に出ると、多量のシッコして、さっぱりした顔で車に向かった。
我が子ながら この逞しさに感心するし、また愛おしくなる。

結果は特に異常無しで腫瘍も見られず、血液検査も肝臓の数値が一個高くなっただけで以上は見られないとのこと。ひと安心。あとは 院長先生の診察時で詳しく聞こうと思います。

病院に預ける事も心配なくできるマーチ。褒めてあげたい。

ちなみに キャスもマーチの送迎中、ひとりでハウスに入ってお留守番していました。
奴も奴なりに 大人になってくれました。顔はいつまでたっても 赤ちゃんだけど・・・

| ボストンテリア | COM(3) | TB(0) |
2006-08-22 (Tue)

IMGP1358.jpg
川口の大魔王と昨日、電話でしゃべってた。
また うちの子等の トイレトレーニングについて、ちゃんとやってんのか??と聞かれた。

ううう・・・また 大魔王の雷がオチルゥゥゥと クッションで頭を押さえてたそのとき・・・


大魔王さま『じつはさ~居たのよ!話し合いしてる人が!!しかも身近に~~』
のりっぺ 『ええ?誰??生徒さん??(彼女はトレーニングを仕事としているのでお客さんかと)だれだれ~~?』
大魔王さま『近くったら ひとりしかいないじゃん~』
のりっぺ 『まさか・・・カズちゃん??(大魔王さまのシモベ、いや旦那様)』


そうです!なんと 毎度となくトイレトレーニングのチェックをする大魔王 南妃ちゃんの旦那さんが 写真のワンコ☆しゃんぷう♂アメコ 6歳だっけ??と コソコソと話し合っていたところを聞いたらしい。
やはりどうやら ココでしなよ~しゃんぷう~おしっこ ココですれば??とか 提案していたそうだ・・・
居たんだ!やっぱりいるんだ~話し合いからって人。
しかし しゃんぷうさんは 知らん顔で 我が家同様、まだ承諾を得られていないらしい。


しゃんぷうとカズちゃんがコソコソとシートの前で話し合っている姿を想像しただけで 笑える。
あ、しゃんぷうのこの写真ですが、ぶれています。だってしゃんぷうは止まらないので ピントを合わせるのがやっとです。このアップはとてもよく撮れたほうです(*^^)v

どこぞのお家も 人間がワンコに諭す様にシートをさすりながら ワンコの機嫌をとりつつ、ここでお願いできないだろうか??と提案する っつうのは 当たり前の姿なのかもおおおお!

カズちゃん!説得のみでトイレの訓練が入れられたら ぜひ執筆して頂きたい!

注・誤解のないように・・・マーチもキャスも家でお漏らしなんかはいたしませんので。外でないと小と大の用足しをしないもので 家の中のシートでトイレをさせたいな~~と まだ飼い主が思っている段階です。本格的なトレーニングはしておりません。
その前に マーチとキャスに トイレシートでしてはどうか??と提案しましたが、まだ了承が得られないままで今に至ります。
詳しくは8月3日の『話し合いトレーニング』、そして8月8日の『意外と多いんじゃん』をご覧下さい。

きっと まだまだ 話し合いトレーニングをした人は 潜伏しているはず・・・いつかココに浮上してくるでしょう~~フッフフフ

| | COM(3) | TB(0) |
2006-08-21 (Mon)

今日も良いお天気になる!と信じて 洗濯をした。

掃除、洗濯は好きなほうで特に洗濯はカゴに洗濯物が溜まるとイライラしてくるし、お天道様を見ると洗濯したくなってしまう。この湿気と高温では乾くのに時間がかかりそうだけど、シーツも毎晩汗カクから洗わないと・・・とシーツをお布団からはがそうとふと見てしまった。
毎度、解ってはいる。シーツに付いた マーキャスの毛は一緒に寝ているからしかたないと思う。でも、すごい付いてる。このまま放っておいたら ボストンの毛のシーツが出来上がりそうだね~なんて独り言も出る。
洗濯したって取れてねえじゃあねえかあ~~!と プチ叫びもしてみた。
すっごい所にわたしって寝ているのね~(~_~;)と感心したりもして・・・

でも いまさらベッコに寝るなんてできないだろうなあ~~
マーチとは 奴がパピーの頃からお布団で一緒に寝てきたし、キャスも7ヶ月で我が家に来て、しばらくはハウスに寝てたけど、やっぱり一緒に寝るようになったし。
このぬくもり無くして 眠れるわけが無い。2頭のいびきはかなりのもんだけど、子守唄になっているし、寝相が悪くて蹴られても、邪魔にされても やっぱり一緒に寝たい。
夜中、気が付くと 布団を取られてたり、枕を占領されていたり、布団の外に寝ていても、やっぱマーチとキャスと一緒に寝たい。

マーチは9歳、キャスは7歳。まだ人間の子供さんでも母親と一緒に寝てくれる年頃でしょうか?
今は皆さん、自分の部屋があったりするから親とは寝てないのかな??
その点、ワンコっていいですよね!何歳になっても一緒に寝てくれるし、抱っこさせてくれるし、やっぱり頼りにしてくれている。
と、あまりの可愛さを実感するたびに、健康で長生きしてもらおう。
どんなことをしてでも生きていてもらおう!とつくづく思う。
だから 良いゴハンを食べさせて、レーザー治療にも通い、医療費も惜しまず、いつだってワンコ優先のお財布になってしまう。
ま、じゃあ~ワンコが居ないからって、お金が残ってる訳では無いだろう(~_~;)

ワンコの健康維持にはある程度のお金がかかると思う。
ゴハンを与えて、健康を維持するためには やはり人間の子供と同じくかかるものはかかる。
そして ワンコに使うことがマヒになる(*^^)v 
先日、友人達と こんなにかかるんなら捨てちゃう~~??なんて大声で笑いながらこんな冗談を言い合った。これっぽっちも捨てる気なんてありゃしないのに・・・ね!
まじで手放す輩の気持ちは解りませんね。

マーチさんとキャスパーさんが気持ちよく眠れるように シーツを洗おうっと。

| | COM(3) | TB(0) |
2006-08-10 (Thu)

あられもない姿のチョビちゃん♀MIX2歳。
近所のお得意様のワンコです(^_^;)写真の掲載は飼い主さんの承諾済みですから~!
チョビちゃんがまだ1歳にならない頃、マーキャスのお散歩中に会いました。
歩き方もおかしいし、腰を痛そうに歩いているので飼い主さんにお話しました。
痛みのため警戒心が強いのか、背中の毛を逆立てて威嚇していた。
かかりつけの病院で診てもらうようにというと、早速行きます!とのこと、その場で病院に電話を入れてチョビちゃんをご紹介しました。
案の定、膝蓋骨脱臼でしたがレベルが軽度で手術はせずに屈伸運動でダイジョブ!と言われホッとしました。
その頃、市販のドッグフードを食べていたので毛並みも悪く、ひどい抜け毛で飼い主さんも困っていて、ゴハンもスパミールに変えました。シャンプーからゴハン、何から何まで魔女の云う通りにして下さって今ではシルクやベルベットのような毛並み、艶、手触りでキレイな女の子になりました。お耳の毛なんて~そりゃあ~もう!触ってないみたいな肌触り。
飼い主さんはチョビちゃんが可愛くてしかたない!(どなたも当たり前ですが・・・)
躾けの飲み込みも早く、ちょっと教えるとササっとこなすお利口さん。
でもね・・・マーチとキャスが大嫌い。好みに合わないらしく、会っても知らん顔をされてます。エロキャスが乗ろうとしたからなんですが・・・(^_^;)それから避けられています。

チョビちゃんの日課は超音波入浴。ホワイト ベルお勧めの超音波風呂(愛称・バブちゃん)に毎日、入っています。シャンプーしなくても汚れが落ち、いらない抜け毛も落ちるし、皮膚を清潔にし整えるので皮膚疾患にも効果がある。骨の心から身体を温めるので、冷房で冷えた身体を温熱効果で温める。骨の疾患のある子には断然、良い!
実はチョビちゃん、ノミを持ってきたらしく、ノミ退治で超音波入浴をしているんです。
毛穴の奥の汚れを出すのでノミはひとたまりもなく死んでいく・・・(-_-)/~~~

嫌われているマーキャスはその腹いせか、チョビちゃんちの前、付近でウンチをする傾向がある。やめて!というのに、狙ってウンチをする(~_~;) ゴメンナサイ<m(__)m>
昨夜はお散歩中、急な雨降りに遭い、チョビちゃんちで雨宿りをさせてもらった。チョビちゃんは嫌がり、お家の奥で吠えていてじぇんじぇん出てきてくれない(T_T)キャスは腑に落ちない様子。って、お前が悪いんじゃい~~乙女にエロいコトすっから(怒)

チョビちゃん、今度はおうちに入れてね!おやつあげるから~~

| | COM(0) | TB(0) |
2006-08-08 (Tue)

3日のブログに書いた、話し合いトレーニング。


お客様から電話やメールがあるたびに、どしたあ??トイレトレーニングはあ~?と聞かれる。まだね~話し合いがつかなくって、誰もシートに興味も示さないのお(^_^;)と答えている。そうよねえ~難しいもんねえ~~と同情してくれたりして・・・

このところ、用事でたびたび 訓練士の友人 N妃ちゃん(川口の大魔王)と電話で話すたびに、トイレはどうしたのよ??やってるの??と怒られながら聞かれる。
『今日はね、疲れたからやめてるの・・・まだ合意も得られてないし~~』と 逃げているか弱い魔女(私です、翼ママさん、可愛い魔女とはワタシです)です

が、成犬のトイレ訓練の際には飼い主さんってみんな、言うみたいですよ~~

とりあえずシートを敷いて『ココでね!ココでシッコよ!シーーーよ!』と 必ず言うみたい~~誰が、とは言えないけど 意外と多かった まずはの同意申請が(^_^;)

考えることは一緒ね!安心してどうする~~!!と雷が来そうだけど・・・
2年かかるか5年かかるか、気長にやります。ハイハイ(^o^)/


溜まっていた会社の帳簿も終わり、バロンの件もほっとした途端、疲労さんが出てきた。台風で気圧も低いし、テンションも低空気味。大好きなスイカを4分の1、夕飯で食べた。
1個の4分の1です。美味しかった~~!パウママ御馳走様でした。



| | COM(4) | TB(0) |
2006-08-06 (Sun)

写真は 大あくび中のキュウタン♂4歳になったんだっけ?
うちのマーチと年は違うが同じお誕生日のコ。ホワイト ベルの御客さん。
そしてその飼い主さんが事件に遭った。なんと 手をワンコに噛まれたらしい。


ええ??だいじょぶなの??怪我は??じっとして手を引かなかったから血は出たけど切れたりしなかったらしい。噛んだ相手はお散歩中、キュウタンがワンワン吠えるという飼い主さん曰く、キュウタンと相性の悪いワンコ。


その日はキュウママが一人だったから、大丈夫だろうとお散歩中のその子に近寄り、飼い主さんに『撫でても大丈夫ですか??』と承諾を得て、頭をナデナデした途端、振り向き様に ガフッ とやられたらしい。それを聞いて 魔女は


可愛い魔女『それってさーキュウタンを嫌って吠えていたんじゃなくて、もともとキュウママが嫌いだったんジャン~!その子がワンワンとキュウママの悪口を言ってるのを、キュウタンが聞いて、守るために吠えていたんじゃないのおおお???』
キュウママ『え?』
可愛い魔女『お前のかーさん デーベーソー!とか言ってるんだよ、それにキュウタンがキレて怒ってるんだよ~』

キュウママ『ええええ・・・それって。私が嫌いってことお??私に吠えてたの~お(T_T)そしたら 吠える子もっといるよお~そんなにキュウママ、嫌われてるの??(超落ち込み風)・・・・』
可愛い魔女『じゃない~』(^・^)
注・キュウママは天然系です。


貴方はお散歩中のワンコに吠えられていませんか??
もしやそれは 我が子ではなく、飼い主自身が吠えられていたりして~~~


これだけ暑い日が続くと 楽しいことを想像しては 涼しい家の中で大笑いするのが一番ですね!昨日は 笑った!笑った!

| ボストンテリア | COM(1) | TB(0) |
2006-08-04 (Fri)

先日、20年来の友人のワンコが急に歩けなくなり、友人から相談を受け 私はかかりつけの病院にそく連れて来るように説得した。
車で2時間弱かかる道のりだったけど、飼い主は何か予感がしたのか、こちらにワンコを連れてきた。
あいにく、過労と心労続きでダウン寸前だった院長先生はお休みを取っていてお留守だったけど、院長診断までに検査を済ませるように検査入院してもらった。
そして 今日、飼い主さんと一緒に院長先生からの診断を受けた。


深刻な病気が発見された。
スローな進行でできたもので、数ヶ月間にできた物ではない、とのこと。
何年もかけてそうなってしまったようでした。
院長先生は飼い主さんに『びっこはひいていませんでしたか?』と聞いた。
ビッコはひいていたらしく、ずいぶん前から気になっていました。と返答。

だけど通っていた病院では なんにも見つけてもらえなかった。
1年に一度は健康診断をしているし、つい5月には異物の誤飲で検査をしているし、その子を11年も診続けていた獣医。
私がよく言う 『なんちゃって獣医』だった。
獣医大を卒業して、白衣を着て、少ない知識だけで診断し、さも医者ぶっている大嫌いな者達。

飼い主さんは男気のあるおとーさんで、そのなんちゃって獣医に対しては何一つ、愚痴らず、俺が他の病院に連れて行ってれば・・・あの先生を信じなければ・・・と自分を責めているかのようだった。

飼い主は 目の前に居る白衣を着てる人間を信じて我が子を託してくる。
しかし その白衣は 知らないことを知らずといえず、エコーの写真やレントゲン、心音の聞き方さえも解らない癖に さもこれこれこうです。なんて 中には上から物を言ってくる獣医もいる。他の病院でこう言われました、など言おうものならふてくされ、じゃあそっちに行ったら?みたいに 心配と不安でいっぱいの飼い主さんに暴言を吐いたりする。


奴らはなんで医者になったんだ?動物の命を守るためではないのだろうか?
ただ 商売の一つ、として獣医を選んだのか?医療ミスをしても、病院の浸水で患者犬を溺死させても、獣医という資格を剥奪されないから 気軽なもんだ!みたいに考えている白衣もいるんではないだろうか?


命を守ること、救うことも飼い主さんの気持ちを理解することも獣医の役目ではないだろうか??何年も信じて、通っていた飼い主さんの気持ちを思うと悲しくなる。

私は少し前まで、獣医は何でも解ると思っていた。難しい病気も発見してくれるし、手術の腕も確かであろう、骨の見方も、エコーもレントゲンも、心音も心電図も なんでも万能に診断できるのが 獣医 だと思っていた。でも 今の院長先生お会いしてから、
『なんちゃって獣医』や『金儲けダケ獣医』がこんなにも多いのか!(-"-)と知った。

得て不得手があるなら、看板に 眼科専門、とか耳鼻科、とか内科、とかほねつぎーとか書いとけ!
そしたら 飼い主さんたちはそれを選んで連れて行くわ!
マーチの幼少期、名医を探すのに転々としていた時、ある獣医が股関節形成不全は小型犬は手術しないんですよ~なんて言った。
まったくお笑い種。よく恥ずかしくなく自分の無知を口から吐くもんだ。
今回も 大事に大事に飼ってきて、健康診断も定期的にしていたのに、何一つ今回発見された疾患を見出すことが無かったその先生は 何のために獣医になったんだろう?
悔しくてたまらなかった。こんなことになるなら、私がもっと前に、その子をこちらに連れて来て健康診断してもらえないか!と飼い主さんに懇願するんだった。悔しい。

どうか 足を運び、ご自分の目で獣医を見極めて 子供を預けて下さい。
お散歩のお仲間に評判を聞いたり、ネットで調べてみたりして ワンコの身体の心配事に合った名医をお探し下さい。
 

| | COM(0) | TB(0) |
2006-08-03 (Thu)

キャスが膀胱結石と腎臓結石があり、頻尿になってきて 夜中に1度か2度は私を起こして、庭にシッコに連れて行け!とせがむ。

やっぱり オシッコシートで用をたしてもらえるように訓練してみるか!と 見た目も重い腰をもちあげてみた。『ペットのシート においつき』なんていうシートを 9年ぶりに買ってみた。

なにしろ、マーチはトイレの躾けは楽で、子供の頃早い時期から、お散歩でしか用を足さなくなっていた。7ヶ月できたキャスパーはブリーダーの家で鳥かご暮らしをしていたので、外でしかオシッコをしない。シートですらしたことは この7年間一度もない。
雪の日も、大雨の日も、マーチとキャスは外でしか用を足さない。


そんなんじゃさあ、年取ったらどうすんの??!そろそろシートの訓練をしなさいよ!!と数年前から、川口私設保健所の大魔王さまに言われていた。
彼いや彼女の家の 大御所ボストンとその他中犬、大犬ははトイレトレーニングを1年ほどかけて教え込んだ。訓練士だから 頑張れたのかもしれませんが・・・

シートでトイレ訓練を始めるわ・・・とメールで報告をしておいた。
大魔王『で、その後どうしてるの?どんなやり方でやってるの??』と昨日 問いただされて・・・


可愛い魔女『え?トレーニングしようと思ってるんだけど、バタバタしてたじゃん~とりあえずさ、キャスに説明しておいたよ。ココね!ここでシッコするの!ね!!ココってさ・・・言ってみた(^_^;)』
大魔王『言って解るわけないでしょ!!(怒)』
可愛い魔女『でもさ。まずは合意を得ないと・・・話し合いからってことで・・・(萎縮)』
大魔王『トイレの訓練が話し合いかい~~(呆れ果てた)』


でもね。アクアのモデルのいぶき君ちのママさんも、キャスと同じ状態になり、10年間シートでしたことないからって、まずは私みたいに『いぶき、トイレはココネ!ココ!ココでしてね!』と真顔で説明したらしい・・・


ワンコも10年近く生きていると人間の言葉はずいぶんと理解している、いくら言うことを聞く子だって、普通に説明して解るかどうか?って『解るわけないだろう!!!』と 大魔王の怒鳴ってる声が聞こえる・・・
飼い主っておかしいですよね~ すっかり我が子は何でもかんでも解ってくれると思っちゃうから・・・ちなみに マーチに『マーチ、これからトイレはココネ!ココ!』と言ったら 『え?マヂかよ??』と言わんばかりに とっさに振り向いて、びっくり眼になっていました。


やっぱりさすがのマーチャンだわ~~言ってることが良く解ってる(*^_^*)ウンウン


ワンコのしつけ、問題行動などは 信頼のおける私の友人のトレーナーにご相談下さい。
  グリーンライト 清水南妃  
http://www.greenlight.jp  

| | COM(5) | TB(0) |
2006-08-01 (Tue)

闘病格闘中のブルームさんのパパさんとママさん(ぶるまさん)が昨日、ブルームを病院に預けた合間に 例の蚊取り線香立てとブルームのおやつを取りにいらっしゃいました。
ぶるまさんは強く明るくなった気がした。前日に来店の打ち合わせをした時も冗談交じりに話したし、今日も笑顔が可愛かったし。
通院用にとおニューで買ったバッグが使っているうちに、バッグと肩掛け部分が取れそうになった所を 器用にミシンでしっかりと縫いつけた事が 彼女にとってはまるでブルームの命が繋がったように確信して思えた、と話してくれた。
解る、ホントわかる、そんなことと思えばそうなんだけど、千切れそうになった部分をしっかりと縫い付けた感覚が 命のつながり という感覚になる。
苦しい子供を持ったこその 飼い主さんの思いだと思う。
私もなにか縫い付けたくなったけど テンデ裁縫は嫌いなので、というか縫うも物が見当たらない。だから とりあえず ぶるまさんご夫婦が帰った後、なんだかマーキャスを抱きしめた。

そして とてもありがたい!と感謝したのは、ご自分たちも看病で気も滅入ってしまうでしょうし、体力的にもお疲れが出てもおかしくないこんな時に、ぎっくり腰をしてしまった私や退院したばかりのマーチパパ、お腹が治らないきゃあ坊、冷え性のマーチのために、ある治療機を持って来て下さった。
そんな時じゃないのに、私たちのために『貸すね!!』なんて持ってきてくれた。
ありがたい、感謝の気持ちでいっぱいです。
優しいんだよねえ~~ぶるまさんご夫妻は。だからブルームが行ったんだよね。選んだんだよね~~(*^_^*)


人を想う心。弱いものを愛する心。大切ですよね。

紹介したかかりつけの病院の先生にご挨拶がしたいという事で道案内がてら便乗した。
なんだかきゃあ坊も行く!って付いてきた(^_^;)

絶対にブルームは治る!親の愛情や念力は通じるはず!きっと良くなる。


ぶるまさん!パパさんありがとう。またお待ちしております。いつでも休憩所に使ってくださいね!

| | COM(6) | TB(0) |