12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-05-25 (Fri)

魔女でも退治できなかった(^_^;)病気があります。
『子宮筋腫』
カミングアウト的なお話になりますが、子宮筋腫人口は増えていて悩んでいる方も
多いはず・・・ご参考までに見てください


マーチもキャスもこの頃は暖かくなったので やっと身体の心配をしなくてもイイ季節になった。
決算の準備もできたので 今のうちに自分の病気をやっつけることにした。

16年前の平成3年に妊娠したんですが 子宮外妊娠頚管妊娠で流産した。
その時、大きくなりすぎた子宮筋腫を指摘された。
子宮が筋腫でいっぱいだったために 卵子が着床せずに頚管に着床し、破裂して流産。
すっごい流血で、1,000CCの輸血をしました。今はもうなくなったんだけど 下町の子供は
みんなそこで生まれたんじゃない?ってほどの 都立の産院での手術だったんですが

とても運が良い私は、その日に担当だった名医さんが開腹せずに手術を行ってくださって
子宮は残りました。頚管の流産の場合、99パーセントは子宮摘出なんですけど 名医さんの
お陰で救われました。でも その時に 子供は諦めました。

それから 子宮筋腫の治療をどうすべきか、このまま放っておけるような大きさでもないしと、
自分に適切な治療法をしていただける病院を探していました。
有名名医さんと聞けば足を運び、でも納得が行かず、悲しい想いばかり経験していましたね~

そんな時に 本屋で一冊の本を買ったんです。

『子宮筋腫の治し方』という本で 読んでみて この先生なら助けてくれるかも!信頼できるかも!!と 早速、本にあった病院に問い合わせた。
病院の方はご親切に 独立開業したその先生のクリニックを教えてくれた。

江戸っ子気質でなんでもチャッチャッチャと進めないと せっかちな私は チャッチャッチャと予約を取り付け、診察を受けた。
今でも覚えています、先生と話していくうちに、先生の優しさ、誠意、強さなどに安心して
まるで 緊張の糸が切れたように悲しくも無いのに 嗚咽が出るほど泣きました。

すべてをこの先生に任せる!と決めた私はその日のうちに 手術の日取りも決めました。
ご主人と相談して・・・(^_^;)なんていう先生に この日で御願い致します!と手術の予約もしてしまった。

子宮筋腫核摘出手術は 忘れもしない 1996年1月31日 でした。
この日は 大好きな木村拓哉が 古畑仁三郎に出演する日で 開腹して激痛の身体で
看護婦さんに頼んで 見ていた。

『それだけ元気があるなら大丈夫ね!頼もしいわね~それ見たら寝るのよ』って

出てきた筋腫は 最大がグレープフルーツ大 その他ゴロゴロと大小含めて6個ほど
長方形の大きなステンレスのパットにいっぱいになるほど取り出した。
やはり 名医さんで きれいに根こそぎ筋腫を取り出して下さいました。

それから 11年経ち
たまに刺すような腹痛があり、貧血気味で立ちくらみもしばしば、月経過多、腰痛、お腹の張り・・・などなど またできたかあ~??と 思っていたら はい、いっぱいできていました。
体重の増加も半端じゃないし、お腹がパ~ンと張っているし、頻尿だし、おかしいなとは思っていたけど・・・

吉祥寺の南口にある産院で 市の検査結果を聞くついでに 子宮がん検診を受け、その際に
腺筋症と子宮筋腫が 6センチ大が一個 と指摘された
そこでは 子宮摘出を薦められたが その病院ではできないので紹介状を書くということに
なった。その日から また開腹手術か、ということで 少々塞ぎ込み気味だった。

だって お腹切るの痛いもん~
外は横切り、中は縦切りだから 痛いのなんのって

諦めきれない私は もう1件、病院に行くことにした。
その病院は切らない治療をしているクリニック。
5月24日(木)10時の予約で夫婦で行きました。
混んでいるけど段取りがいいようで サッサッサと進んでいく。
まずは 応接室に通され、女医先生が問診と手術方法の説明をして頂き、こちらの希望なども
聞いて、事細かにカルテに記入。
それから 院長先生と問診。

初めて会う先生。
感覚が同じだった、以前オペしてくださったあのS先生となんだか雰囲気が似ていた。
これは 3度目の体験で、
歩けなくなったキャスをこちらの病院に初めて連れて来て、院長先生を見たときの あの感覚。

命に真剣に向き合っている人の独特のたたずまい。
自信に満ち溢れているけど それを出さずに 大きな心を持って 優しく患者さんを診る
あの目、雰囲気。

MRIを取ることになった、それからどうするか相談しましょう。
まずはあなたの身体がどうなってるかを 見てみないとね!

もう午前中の診療が終わりそうな時間にも関わらず 30分かけてMRIの検査をして下さった。

いやいや~~~何が 6センチの1個だよ!(-_-メ)

久々ショックを受けた結果の写真だった。
子宮全体、全部筋腫になっていた その数大小30個ほどある。
MRIの断面図は まるで お腹に大きさ様々の卵を宿しているかのような写真に
この私も ショックを受けた。

超音波なんかでは 解るわけが無いそうです。
古いんだって 超音波で診断することなんて。
MRIで検査すれば 真実が解るでしょ~ と院長先生は仰った。

多発性子宮筋腫 と診断された。
でも 切らない手術で治療ができるそうで、またせっかちな私は間髪入れずに 早急の手術を御願いした。でも 多勢患者さんがいるので 手術は1ヶ月先になった。
あ~~~すぐに手術して楽になりたい~
インフォームドコンセプト って言うんですか、術前の検査などをきっちりと説明を頂き、
今できる限りの術前検査をして頂くことになった。
次回、血液検査の結果を聞きに行き、その時に心電図、レントゲンの検査をする。
とにかく早く受けられるために チャッチャッチャっと進めなければ

診療が終わった先生が ニコニコしている私をみて 何をにやけてるの?と聞いた
開腹しなくていいことは 私にとっては幸せですから!というと
そっか・・・治すよ、ダイジョブ。せっかく空になるんだから遅くはないよ!子供でも作ったら?
って笑いながら・・・
とても良い、ステキな先生に また 巡り会えた事。今一番の幸せに思います。

子宮に巣食った筋腫たちは憎くて憎くてたまらないけど、開腹&子宮摘出を宣告されていた私にとっては 他の方法ができることさえも幸せなことなのに、その上、命に真剣なお医者様に出会えたことも輪をかけて嬉しい限りです。

ニコニコウキウキした1日でした。その余韻はまだ続いています。
病気の重さに悲観的になることはイヤです。まるで負けているようでイヤなんです。
だから 災い転じて福と成す ように また 信頼できる先生に会えたことに感謝。
応援してくれる、激励してくれる友人達に感謝。
支えてくれるマーキャスや家族に感謝。
安心して手術ができる環境にいることに感謝。

開腹手術では こうして再発しましたね。
きっとお腹がすっきりしていたのは 術後、短い年数だったかもしれませんね。
今、私が初めての筋腫に悩んでいたとしたら すぐに この病院に行って切らない手術を
したことでしょう。
12年前には無かったんだもん。あればお腹なんて開けてないです。


定期的な子宮ガン検診。心配な時には 必ずMRIの検査をして欲しい。
早期発見、早期治療、飼い主さんの身体があっての愛するワンコたちの生活ですからね。

まだ少し先ではありますが この手術に賭けてみます。
また 進展があって 気が向いたらここに書き記します。

※でも恐縮ですがこの日記はすぐに消してしまうかもしれません

スポンサーサイト
| ドッグライフカウンセラー | COM(2) | TB(0) |
2007-05-15 (Tue)

5月12日(土) 翼宅へ
  
お得意様の翼ままちゃんの次男坊 光(ヒカル)トイトイトイトイプードル♂の1歳のお誕生会に御呼ばれしました。

まだ生まれてたったの1年、体重もたったの1キロちょっとの光
可愛いピッカリンのために きっときっと似合うワン~~と カエルちゃんのキッキ(お洋服)を買って行った!
IMG_1351.jpg 光 『コレ、ナンデチュカ?コンナンキルンデチュカ?・・・ヤダ(泣)』
あまりの可愛さに 笑ってしまったの、ゴメンネ~
プライドを傷付けられた ピッカリン(光)は ついに 傷心のあまりふさぎこんでしまった
IMG_1349.jpg 光 『ヒトリニチテ・・・ヒトリニ・・・』
よかった、もう一枚、キャスと色違いのスティッチのキッキを買ったので とりあえずそれで勘弁してもらった。
やはり カエルちゃんとかこういうスタイルはこのひとのほうが断然似合うのよね~
IMG_1352.jpg 翼 『どう??似合うっしょ??ボク、可愛いでしょう?』
似合っている、確かに!!

『ツーちゃんってこういう色似合うんだ~~?』と 翼ままちゃんは感心していた。
カエルちゃんはツーチャのものになった。

可愛いわが子のお誕生会のためにと 翼ままちゃんは愛情たっぷりの手作りのご馳走を作ってくれた
IMG_1348.jpgIMG_1347.jpgIMG_1346.jpg
生地から作った ピザ2種類。真ん中のピザは変わり所でアボガドとポテトを合えた上に
エビとアスパラをのせたピザ。サーモンのサラダも美味しかった~~
やっぱり焼きたては美味しいね!!
手作り生地も 程よい厚さとパリパリ感がとても美味しかった!ご馳走様!

そして 初めてのお誕生日、翼ままちゃんはわが子にお祝いのケーキを作った。
私なんて クッキーひとつ焼けない女、ケーキは買うもんだと手抜きばかりのお誕生会を
してきたけれど 手作りケーキも愛情の賜物。えらいぞ!ままちゃん!!

IMG_1356.jpg 光 『コレナンデチュカ?ニーチャン』
翼 『ケーキだよ、ままが作ったんだよ、パパが手伝わされてただろう??』

IMG_1362.jpg 光 『オイチイカモ~~』

ケーキの上には 細かく切ったイチゴで 光 と、その上にキウイで 1歳の 1 とデコレーションしてある。細かい技、またまたえらいぞ~~ままちゃん

翼と光はこのケーキを 小さじひとつまみのお塩、ってくらいの大きさでチマチマ食べていた。
食べ終わるのに三日間はかかりそうな ゆるい勢いで・・・

一緒に参加した 南妃ちゃんとあまりのガッツキのなさに 唖然。
しゃんしゃんだったら 3口でなくなってるね~なんて・・・
85791_2114069578.jpg ガッツキ しゃんぷう アメコ♂ 

1歳のお誕生日なんて 当たり前の計算なんだけど 10年前。
どんなお誕生会をしたのかもあんまり覚えていない、後で アルバムを開いてみよう~
うちは それから10回も何事も無くありがたいお誕生会を迎えている。
翼も光も 健康で楽しく 毎年毎年お誕生会を迎えて欲しい~

1歳といえば ナンモカンモ楽しい頃。
何にでも興味津々、にーちゃんにも戦いを挑んだりしたくなる、女にも目覚めてくるし、
反抗期もくるな~

若いってイイ!!身体の心配もしなくていいし、遊びも運動も精一杯気にせずできる。
翼も光も ご夫妻が目覚めて アジリティの訓練をしている。
さすが 運動能力の高いトイプーだけあって すいすいとこなしている。

アジリティの練習風景のビデオを見せてもらった。
光はとても楽しそうに走って、ジャンプして・・・
ワンコと人間の絆もきっと強く、深くなっていくでしょう
素晴らしいきっかけを掴めましたね。


翼ぱぱちゃん、ままちゃん これからも 幸せに 楽しく!嬉しく!!テンション高く!!
深い愛情で ツーチャとピッカリンとワンコフルライフを送って下さい!!

ツーチャもピッカリンも可愛い。
魔女にとっては 孫 みたいなもんで、甘やかしたくなるし いじめたくなる。
小さな小さな身体だから なんだか扱いが怖いんだけど この愛すべき奴らは
タフだ、素晴らしく タフガイだ

これからも いじめるぞう~~!!

強く生きろ~~~!!!若者ども~~~~!!!

おめでとう!光

おまけ
IMG_1342.jpg 翼 『また 魔女がうちにきました・・・汗  いい子にしないと食べるっていうから・・・どう?お座り、どう??・・・・ 食べないでね』
 




| | COM(1) | TB(0) |
2007-05-14 (Mon)

IMG_1205.jpg


5月10日(木)
パパの43歳のお誕生日 マーチとキャスも一緒に 伊豆へ1泊旅行に行きました。
久々の伊豆。
マーチがパピーの頃、伊豆ぐらんぱる公園で パターゴルフをしている時に 熱中症にしかけちゃって、帰りの車では 息が上がったままだし、身体は暑いし、水は飲んでくれないし・・・
病院に連れて行くと 確か40度くらい熱が出ていて 点滴したんですよね~
まだまだ 犬の勉強なんてしていない頃で 可愛そうなことをしてしまいました。
それから 暑さ寒さを徹底して管理していますけどね。

上の写真は 休憩で寄った 熱海の海岸で 遠くを見つめるマーチ。


『海か・・・・・・久しぶりだな・・・・磯の香りか~・・・・・』  マーチ


IMG_1222.jpg 海をバックに記念撮影(*^^)v

宿泊先は 伊豆高原の アルバートハウス
彼が アルバート君♂ イギリスGR だそうです。8歳。
IMG_1300.jpg食堂の外のドッグランに通じる ウッドデッキでいつもこうしてたたずんでいるらしい。優しくマーキャスとご挨拶をしてくれた。大人しい子。
自分ちの商売を理解しているのか あれこれと要求しないそうだ。

伊豆のペンションだけあって 源泉かけ流しの温泉で、しかもゴハンは海の幸、そしてお布団で寝れること、コレはかなり我が家では大事なこと。

IMG_1279.jpgお夕食のお刺身~~~!
ここでは お刺身定食・ちらし定食・ステーキ定食 と 夕飯をこの三種類から選ぶ。
我が家は もちろんお刺身とちらし。
ネタも新鮮で ボリュームもあり とても満足でした。食べ切れなかった(^_^;)

IMG_1318.jpg次の日は ペンションから少し走ったところにある『ドッグフォレスト』
かなり広めのドッグランがあり 小型犬・大型犬と分かれている。
どちらも奥のほうに 樹木が茂っていて こんなに日陰もできて 風も涼しくなり 熱さが大敵なうちのワンコ達でも快適に遊べる。
IMG_1312.jpgIMG_1330.jpg
人間とワンコと一緒に入れる温泉の足湯があり、みんなで入ってみた。
マーチは膝蓋骨脱臼があるから 膝までつかれる深さへ、キャスはその隣。
仕切りがあるから 他人同士でも安心かも。
気持ちがイイらしく キャスはうたた寝を始めた。
そのまま ペタンと伏せしそうな勢い
四足だけ入ってるけど さすがに温泉!身体がポッカポカになった。

たった1泊の旅行だったけど 温泉に入って 美味しいものを食べて、好きなだけマーキャスをこねくり回して ずっと一緒に居て。

店のこと、仕事のこと、体のこと、いろいろ抱えちゃって なんだか精神が慌てている風で 落ち着きがなかった。とりあえず 仕事からは完璧に離れて 我が子達を見つめられるこの時間が
とても嬉しく、落ち着きを取り戻しました。

何もしない 何も考えない 頭を空にする時間
人間にはたまには必要ですね
また ゆっくりと旅行に行けるように・・・

IMG_1329.jpg久しぶりに 綺麗にステイをした キャスパー
旅行中は ランを嬉しそうにルンルン歩いていた。
今回はお留守番にならず体調も万全で 行けたもんね!
みんなと一緒!が キャスにとっては何よりの幸せなんだよね~~


| | COM(1) | TB(0) |
2007-05-08 (Tue)

 VFMI0093.jpg 連休中はハードスケジュールでした。
休みがあまりないマーチパパは普段なかなか行けない 【表参道ヒルズ】に行きたいと言い、
まるで日本国中の若者で埋め尽くされたのか?と思うほど混雑している表参道へ行った。
ヒルズの駐車場は係員のお兄さんが3人くらいで歩行者を止めてくれるので入れやすい。

目的の買い物を終えて 私のお目当ての3階の甘味処へ
Rスタイル・両口屋是清の 白玉あんみつ (写真上) 800円也
深い緑の抹茶寒天と透き通った寒天、程よい甘さのあんこがお上品にのって 真っ赤なクコの実が 彩を引き締めている
でも 毎度ながらこれは寒天ではなく ゼラチン系だと思うんだけど・・・ま、いいか美味しいから。
和菓子に目がない 私としては 大満足。ガルシアに来るたびに コレを食べている(^_^;)
この日は ガルシアには寄らなかった。
今年こそもう足を洗うから~~(>_<)と決めて 5ヶ月も店に行かないでいる・・・
禁断症状でついついHPを覗いてしまうけど~
IMG_1182.jpg  そして5日。
ウン年ぶりに ボストンの友人に会いに行った。
ご自宅にお邪魔するのは初めて、お目当てはなんといってもいっぱいのボストン嬢たち!

写真は 13歳のジョイナー♀ ステキでしょ~!!
キャスパーのお父さんテディと同体犬、キャスの叔母さんになる。
お目目は 白内障で真っ白でもう見えないらしいけど 元気!

ワンコ用玄米ポン菓子をみんなにあげていたら ちゃんと私の元まで取りに来てくれた。
ジョイナー!!と言えば ゆっくりこっちに来てくれる。
もう神の域に入ったような 貫禄もあり味もあり命の重みのある子です。
マーチが小さい頃会った時より 一回りくらい小さくなっていたけど ビロードのような手触りの
毛並みで まだまだ若いもんには負けないから~って風だった。


ジョイナー叔母さんが元気に生きていてくれると みんなも長生きできる!!と自信が湧く、
希望が持てる(*^_^*)


IMG_1197.jpg 席を取られた写真。
仲良くふたりで眠ってしまった。可愛い~~
どかせるわけがない(~_~;)

個性豊かなボストン嬢ちゃんたち。
久しぶりに会った 正統派ボストンに やっぱりボストンってイイ!!と確信した(大袈裟ですが)

多頭飼いは 飼い主さんは大変だと思う。
それぞれ個性強く生きている子達を取りまとめ 健康を維持し、お散歩、躾などなど
想像すると ホントに大変だろうな~~って思う。
私は 2頭で精一杯です~
でも パピーを目の前にしたら 喉から手が出て ついつい連れて帰ってしまうかもしれない
マーチはなんて言うか?キャスはどうするか??んんん・・・・・・

VFMI0080.jpg
『何言ってんの?赤ん坊なんて連れてこないでよ~ボクもう面倒見ないから~』 マーチ



| | COM(0) | TB(0) |