12
1
4
5
6
7
8
12
13
14
15
19
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
   

【年内営業のお知らせ】

この寒さったら 肌身に染み入ります。
マーチはお散歩禁止にしました。心臓病を抱える子には冷えた空気はバクバクしちゃいますから。

明日からトリミングが大忙しになります。
お陰様で年内のご予約はいっぱいになりました。
キャンセル待ちの方もいらっしゃいます。(キャンセル待ちで宜しければ承ります)
やはり 今年の汚れは今年のうちに! みたいに 愛犬さんもさっぱりとしてあげたいのでしょう。

9月にオープンして以来、超音波温浴体験犬ちゃんも100頭を超えました。
この手触りや感触はどうやら中毒気味になるそうで リピートしていただいています<(_ _)>
わ~~~気持ちいい!!と トイプーちゃんやチワワ、パピヨンちゃん、柴ちゃんなどの長毛の飼い主さんが嬉しそうに撫でるたびに、店長の心の奥~~~のほうで・・・
『いいなぁぁぁ 長毛って・・・(T_T) 次は飼ってみるか?私?』と 細い~声が聞こえてしまいます。

ボストンやフレンチブル、ミニピン、トイマン、イタグレちゃんたちだって すっごくツベツベツヤツヤになるんですよ!もちろん(*^^)v 

年内は三十一日大晦日まで営業いたします。
大晦日は きっと年を越えるまで営業していると思います。

ワンチャンと一緒に年越しそばを召し上がりにいらしてくださいね!
ワンチャン用にも 小さな年越しそばをご用意しようと思います。

大晦日までヒト踏ん張り!スタッフ一同、頑張ります。

忙しく働いていれば キャスとのツライ別れも薄らぎ、楽しい思い出で塗り替えられると思いますから。

画像が悪いですけど 引っ越す前、2005年木場公園にて キャスパー
P050101_1253.jpg
今頃、どこへ行ってるんでしょう。
キャスが死んでからの 悪い口癖で 『キャス、どこへ行っちゃったんだろう・・・』と思うと
号泣しています。

キャスは お店の中を歩いているようで 先日、パピヨンのベリーちゃんが 椅子の下にいた時、
ママさんが ベリーちゃんが スーゥッと 左から右へ何かを追って見ているのを発見。
キャスはきっと大好きなタマゴちゃんを加えて 店内を闊歩しているんでしょう~~
いいなあ~ ワンコは霊も(~_~;)見えるから・・・

ご来店お待ちしています!!
スポンサーサイト

キャスパーと別れて・・・その3

P060820_2005.jpg
キャスが死んでから初めて病院に行った。
先週のマーチの通院は お店にいたのでパパに任せた。
病院に行きたくない、という気持ちもあった。
あの扉を開けて、あの奥で キャスが・・・って 想像してしまうから。
でも マーチはまだまだ通院するんだから 気持ちを切り替えないと。

今日はお休みだったので 院長診断の予約をしていた。
あれから 初めて院長先生に会う。
院長先生に会ったのは 11月の末に夫婦でキャスの事を改めて説明された日以来・・・

院長先生には会いたいけど会いたくないかも。と複雑だった。
心の隅で 院長先生がいたら助かったのかも。とか 院長先生だったら。。。とか
貪欲なワガママだけどそう思う時もちょっとだけあった。

診察室に呼ばれて 院長先生の顔を見ると やっぱり泣いてしまった。
先生の顔を見たくない、って言っちゃった。

『俺の顔見た途端、泣くなよぉぉ・・・』

先生は私たちをとても褒めて労ってくださいました。
ここまでする飼い主さんはなかなかいないよ!
キャスは幸せだったよ!
大きな仕事をやり遂げたと思って・・・
頑張ったよね!
と いろいろ仰って私たちを励まして下さった。

キャスのカルテを見直してね、なにか間違っていなかったか これでよかったか
他に方法はなかったか、背骨の手術も以前、考えたけど キャスにはつらすぎるしもしも
壊れたら大変な痛さになる・・・
と 院長先生は膨大な枚数のキャスのカルテを見直したそうです。

その日も連絡を受けて指示はしていたそうです。

心肺停止から蘇生したことには驚いたらしく 
『すごいね~キャスは強いからな。』『会えて良かったね。』と・・・

私が尊敬して信頼し、キャスを任せた病院です。
院長先生が全身全霊でキャスを守っていたからこそ ここまで生きてきたとも思っています。
あの先生だから生きてきた。
他の獣医じゃここまでは生きて来れなかったと思う。
だから これがキャスの最後であり、なにも後悔もないキャスとの暮らし方だったんです。

院長先生に 大きな仕事を成し遂げたと思って・・・頑張ったね・・・キャスはまた戻ってくるよ!
などといっぱい優しい言葉を言われて 本のページを閉じたような気持ちになりました。
キャア坊の10年飼育日記?(~_~;)が お疲れ様キャスパー おわり、って 一言書いてパタンと
閉じたようでした。

院長先生に夫婦で心から御礼を言いました。

パパは 院長先生と話してよかったでしょ。と
そうだよね、院長先生に区切りをつけてもらったよね。

この先生に診てもらっていて良かった。幸せでした。
キャスの病気は特殊すぎるほど複雑で難しくて死ぬまでずっと手を焼かせてしまいましたが 最後まで立つことができて、最後まで力を振り絞ってパパとかーちゃんを待って蘇生できたのも、院長先生もしかりですが病院のスタッフの皆さんの力のおかげだと思います。

気持ちがだんだんと整理されていくようです。

ひとりになったマーチの心と身体の心配がまだまだ大きな仕事として私に残っています。
自分ばかり悲しんでいられないし、キャスには感謝していかないと!

11月30日に先に逝っちゃった 幼馴染フーパー(9歳)のママ・道子さんにメールしたら 
道子さんは毎日、フーパーの写真にありがとうって言ってるそうです。
ワタシなんだか恥かしいな~~って キャスにいっぱいありがとうって言ってあげなくっちゃ。

明日から 三十一日までお休みなく働きます!
泣いたり笑ったり 凹んだり上ったりの可笑しな店長を見に来てくださいね<(_ _)>

明日は12月最後のお休みです

12月19日金曜日はお休みします<(_ _)>

明日は12月最後のお休みをさせていただきます。
31日まで休まず営業いたします。
トリミングもまだ空きがございますのでお早めにご予約下さい。
ご予約のお電話は 0422-39-3656 まで。

今日は朝からトイプーちゃんトリミングDayでした。
一番目は マロンちゃん♂2歳。2度目の超音波お風呂のベーシックコースです。
フワッフワになってこの感触が飼い主さんの中毒になるようです。
マロンちゃんの飼い主さんから 来客で吠えることがあるので・・・というご相談を受けて
マロンちゃんが仕上がるまでトレーニングの方法や問題点のアドバイスをして差し上げました。

私に叱られて かなりカルチャーショックを受けたマロンちゃんは今日は爆睡でしょう~(^_^;)

マロンちゃんのままさん!いつでもアドバイスいたします。何でもご相談くださいね!
ブログも見て下さってありがとうございます。キャスのことではびっくりなされたでしょう。
でも 時間をかけてゆっくり立ち直りますからご心配なく(*^^)v
またお待ち申し上げます<(_ _)>


2番目は クリュちゃん トイプー
クリスマス会を控えて 今日は初めての超音波のお風呂とカット(カットコースです)
着ていく衣装に合わせて グリーンのシックなリボンをつけて 別人(犬)に変身したクリュちゃん。
きっとクリスマス会で注目の的になりますね!
そのフワフワの感触を皆さんがナデナデしすぎてしまうかも!

☆12月にトリミングに来たワンちゃんには トリマー手作りのリボンをプレゼント中です☆

クリュちゃんのままさんもミニしつけ教室が始まりました。
トイプーちゃんたちはなかなか頑固な性格です。
教え込むまでにはお時間がかかりますが それはどの子も同じです。
愛情を持って 笑顔で褒めて 根気良く頑張りましょうね!!

そして 最後はトイプーちゃん2頭。ポッチちゃんとピコちゃん。
7歳と5歳のふたりはとっても元気でした。
やっぱりフワッフワに仕上がった毛並み、5歳のピコちゃんは子は小さくてまるでおもちゃのようでした。
こういう可愛さがトイプーの魅力なんでしょうね~~~
そしてあの上目遣いに飼い主さんがだまされる・・・ムフフ(*^_^*)


しつけのご相談や健康相談は私を元気にしてくれます。
性分なんでしょうけど、誰かのお役に立ちたい、っていうDNAがものすごく働くと内側から元気が出てきます。
キャスを亡くした淋しさを仕事で埋めていくには みなさんからの相談が原動力になりそうです。

明日はちょっとお休みして英気を養います。
やっと食欲も出てきたので 美味しい物でも食べようかな~っと。

土曜日は通常営業いたします。
チゲぞうすい、チゲうどんが人気です。お越しの際にはぜひ召し上がってください<(_ _)>


噂のボクサー ヴァル(本名 ヴァリアント・勇敢な、とかいう意味らしい)
IMG_1311.jpg

キャスの永遠の彼女  スピカ9歳♀と 最後のツーショット 満足げなキャスパー♪
IMG_1501.jpg

キャッちゃんは友達いっぱいだね♪♪


キャスパーと別れて・・・その2

IMGP0646.jpg
書いていなかったこと・・・

キャスが死んじゃった10日の朝、かかりつけの病院にお店のお客さん犬のヴァルちゃん♂(ボクサー)の輸血の適合検査にヴぁルのとうちゃんが連れて行ってくれると前日に連絡をもらっていました。
前日のヴァルとうちゃんへの連絡の呼びかけに 私も知らないボストンを飼っている方が気にしてくださってヴぁルのおとうちゃんへメールをしてくださったこと どなたか存じませんが御礼を申し上げます。
ありがとうございました。
ヴァルのおとうちゃんは亡くなる前の日の夕方、慌ててお電話を下さいました。
大事な用事を控えているのにも関わらず 当日、朝一番で病院にヴぁルを連れて行って待っていてくれました。

私たちがキャスの急変の連絡をもらった時にはすでに病院にいたヴぁルとうちゃんはきっとびっくりしたでしょうし、私たちの来るのをまだかまだかと待っていてくれたことでしょう。

キャスが奥の診察室にいる時に ヴぁルのとうちゃんを呼んでもらった。
キャスが意識のあるうちに声をかけて欲しかった。
ヴぁルとうちゃんは キャス、キャス、頑張れよ・・・キャス・・・と何度も呼んでくれた。
わざわざ病院まで輸血の検査に来てもらって まさかキャスの最後の姿を見せることになるとは
私も想像もしていなかった。

キャスが逝ってしまって 待合室に私たちが戻ると ヴぁルとうちゃんはまだ待っていてくれた。
もっと早く連れてくればよかったのかな・・・って そんなせいではないのに。
一緒に泣いてくれた。

お店のお客さんでこの数ヶ月、キャスを可愛がってくれたおとうちゃん。
ワンコの縁や人の優しさって年月が多いほど、とかではないんですよね、思ってもらえる気持ちってホントウに嬉しい事ですね。

私はヴぁルを初めて見た時に マーチの幼馴染だったボクサーのウォッカを思い出した。
ボクサーを間近で見て、触ったのはウォッカが初めてだった。
よだれは半径2メートルは飛ばしてたし、飼い主のパパさんが見えなくなると フガフガ泣いていた。
小さい子に優しくって タルタルにぶる下がっている子もいたけど 決して怒らない良い子だった。
ウォッカが亡くなった時 とても悲しく淋しく 気丈に電話で話をしてくれたパパさんの優しい声も忘れられない。
ヴァルに会った時、大好きなウォッカと再会したようでとても嬉しかった。
ボクサーは あと20歳若かったら飼いたいワンコだったし、あの愛くるしい顔は心が和みます。

いろんな人に愛されて 思われてキャスは幸せですね。
こうして思い出し、話を聞いてもらって、笑って泣いて、心が整理されるんでしょうね。


輸血の呼びかけに心配してくださってお電話まで頂いた シェパードのコトちゃんのママさん。
ありがとうございました。


ヴぁルのとうちゃんがたくさん見たいって言うから キャスの写真をいっぱい載せます(*^^)v

5598970_2433674914.jpg

IMGP0661.jpg
IMG_0256.jpg
『ことちゃんママ!ありがとう。ヴァルとうちゃんありがとう!』






キャスパーと別れて・・・その1

キャスパーがこの世から居なくなっても 変わらぬ朝がやってきます。
一緒に寝たいのに 居ない夜が続きます。
姿は見えずともキャスは見ていてくれる と信じています。

もうお店に出るの?という声もいただきました。
はい。出ます。平常通りに営業します。
だってね、きっとね、この店はキャスがプレゼントしてくれたんです。

探しても探しても物件は見つからない日が何年も続きました。
ワンコが入れて 飲食が可能な物件なんて無かったもの・・・

夏を乗り切るのも辛かったかもしれない。と 11月に院長先生に言われました。
キャスの老化はとっくに始まっていたんですね

私たち夫婦は マーキャスの夏のお散歩は早朝か夜中でした。
心臓も悪いし、暑さは大敵ですから 涼しい時間を選んでお散歩していました。
朝の4時頃お散歩に行ってた時もありました。

物件が決まって かーちゃんが店の準備で大忙しだったこの夏ももちろん気をつけて
運動不足にならないよう涼しい時間を散歩してました。
マーチは心臓が危ないからと 真夏と真冬の散歩は慎重でした
キャスは寒さが大敵だから 暑い夏は毎年好調に乗り切っていたのに・・・
体力は落ちていたんでしょうね・・・

9月に無事にオープンして、11月4日に約束の10歳になって、体力の限界になって逝ってしまった。

居なくなるとかーちゃんはおかしくなってしまう、引きこもるかもしれない、何を考えるか心配だからって、キャスはお店を用意してくれたんです。
『お店があればね、ママはさ、元気に生きられるからね!』って。

キャスを送ってくれた皆さんに言われます。
お店はキャスが見つけたのね!って。
そして よく頑張ったわね、キャスも頑張ったけど、のりPも頑張ったね!って
この歳になって 他人様に褒められることはめったに無かったけど キャスを育てた事を誰もが褒めてくださいます。
それは 息子がいい子だったからです。
病気に負けずに明るく楽しく生き抜いた子だからです。

そんな自慢な子を持ったかーちゃんなのに、情けないです、毎日泣いてしまいます。
朝起きて遺影を見ては ため息をつき、ふといつもココに居たのよね~とため息をつき・・・
突然、グッグググ・・・と心臓の裏辺りから 淋しさが洪水のように吹き上げて涙がこぼれます。
ココ数ヶ月泣いているせいで目が痛くなってしまいました。白目がプヨプヨです(^_^;)

キャスのために 沢山のお花をいただきました。
皆様本当にありがとうございます。御礼もままならず申し訳ございません。
そして 私の話を聞いてくださったお客様ありがとうございます。

お店に来てくれて 『なんでも話して!泣くのを我慢しなくてもいいから!』って
キュウママ、ありがとう。いっぱい聞いてくれてありがとう。

話すと泣けてきちゃうんだけど 話して聞いてもらって キャスの事を解ってもらって それが
自分の気持ちが整理されていくようです。

居ないのに どこへ行ったんだろう、、、って なんか口癖になっていて 自分の心はキャスを探し続けているようです。

キャスと別れて 五日。
まだ キャスがいるような生活をしています。まだ 声を出して呼んでしまいます。
まだ 家でもお店でも気にかけてしまいます。
まだまだまだまだ 整理はつかないんでしょうね・・・
でも キャスに笑われないように 頑張って生きないと!

ボール大好き キャッちゃん
P061009_2055~00




『お知らせ』
明日、火曜日は営業いたします。遊びに来てください!
今月の休業日は12月19日金曜日です  
年内は31日まで営業いたします。

動くキャッちゃん。

みんなにね、元気なときのキャスも見せてあげないとさ!と 友人からもらった YouTubeです。
オープン当初の元気なキャスです。

我が家はマーチがPOOHさん、キャスがスティッチと キャラクターが決まってるんです~ってどうでもいい話ですが・・・(^_^;)


キャスパー 風に乗って

本日 12月11日木曜日は臨時休業いたします
ご予約のお電話は承りますのでご連絡ください。

明日金曜日からは 平常通り営業いたします
今日だけキャスとゆっくりいさせてください。  店長 渡邊 徳子



夕べのお別れ会

夕べは沢山の友人&友犬がお別れに来てくださいました。
お通夜さながらの日にちが変わる前まで キャスを囲んで賑やかでした。

超音波風呂の広告にも出てもらったフレンチのチャー&チーちゃんとママサン。
幼馴染の大河のママさん、斜め前の奥さんと息子さん、キャスの大好きなボス丼のパパさん、キャのス永遠の彼女スピカとご一同様、ツーピカパパさん&ママさん、南妃ちゃんともひとりキャスの大好きなかずちゃん、ココアのパパとママ。

一目顔を見て!というこの我侭なかーちゃんの脅迫、いや呼びかけにみんな忙しいさなか、仕事終わりや飲み会の途中でわざわざ御越しくださいました。

みんな来ると祭壇のキャスを撫でてくれて お線香をあげてくれて 頑張ったね!頑張ったな!と褒めてくれました。

ホントウにキャスは頑張りました。

歩けなくなった歳が3歳、その前から背骨の不調はありました。
3歳から10歳で死ぬまで生きている間ずっと闘病生活でした。
週に3回なんて当たり前のように通院もしてきました。
通いきれないからとこちらへ引っ越しました。
冬になると 骨が全部痛みます。痛みでお腹の動きが止まりガスが溜まり、そのガスの膨らみが背骨を押して痛みます。

だから キャスと私は冬が大嫌いになりました。
家をぽかぽかにしていても寒さや気圧は動物に響きます。

毎年、真冬を乗り越えるとほっとしてきました。
また1年、頑張れたね!って。

ここ数ヶ月、キャスはものすごく具合が悪くなりました。
栄養失調、歩行もままならず、食べることも満足にできない、病気はどんどん進行し、増えて、
通院、入院、退院を繰り返していました。

頑張っていました。頼まなくても頑張っていました。
それは みんなと一緒にいたいから。家族の中でもしかしたら一番の家族思いの子だったと思います。
僕も一緒がイイ!というのが 口癖、というかキャスのいつもの態度でした。
どこでもどうなってもどんなに辛くても一緒がいいんです。

病院なんて嫌だったんです。
でも このかーちゃんは欲が深かったから 最後まで治療をしてしまいました。
死ぬ前の二日間は病院でした。それだけ悔やまれます。
輸血や点滴なんていらなかった、家族といることと私の抱っこを望んでいたんです。

だから 心臓を復活させてまで待っていたんです。

きっとね、7年間も病気と闘ってきたご褒美に神様が最後の1時間半をくれたんでしょう。
病気の文句も通院の文句も痛いも愚痴一つ言わず、いつでもいつものキャスのままでした。

病院に着いて キャスを目の前にして この馬鹿なかーちゃんは
『キャス、行っちゃダメ!!キャス!キャス!!こっちおいで、おいてかないで!!』すがりついてしまいました。
何度も何度も名前を呼んで ありがとうや頑張ったね!もいっぱい言った。
目の動きが戻ってきて 足も動いてきて これは奇跡ですと先生たちも驚いていた。
お口がモジョモジョと動いた、なんか言っていた。

【抱っこしよ、抱っこなんだ】
って 心に響きました。

キャスはね、抱っこされるために最後のご褒美をもらって抱っこを待ってたんだ。
意識のある間に抱っこしたいです!と K女医に申し出ると いいですよ!といって
すぐに白い毛布に包んで渡してくれた。

抱っこするということは もう逝ってしまうということだとは解っている。
でもね キャスはいっつも抱っこ抱っことせがむ子だった。
抱っこが大好きだった。
抱っこして いつもの子守唄を歌い、キャス、おうちに帰ろうね!抱っこしたからもう帰ろうね!って
いつものように優しく揺らしながら抱っこし続けた。
もう逝ってしまうのに K女医は酸素吸おうね!って 酸素を口に当ててくれた。

となりでパパが顔を見ながら撫でていた。
私の腕の中です~~っと眠っていった。
もっと早くに気づいてあげたら 着いてすぐに抱っこしてあげたのに、私は何を期待していたのだろう。

容態が急変して・・・と病院から電話があって ダメなんだと解った。
電話を切ってすぐに大声で 『キャス!待ってなよ!!すぐ行くから待ってなよ!!!』と叫んだ。
あの子が私と会わずに行くはずが無い。死んじゃうのかも!って 飛んでいったのに・・・

今、動かしたら死ぬのは想像がついた。
でも 私はキャスの希望と私の欲望を優先しました。

だって キャスが7ヶ月のときにブリーダーから私が抱っこして連れてきた子です。
自他共に認めるママっ子のキャスパーです。
最後だって抱っこに決まってるもの。
私の腕の中で永遠の眠りについたキャスパー。幸せなんですよ、私もキャスも。
思い通りの死に方と送り方ができたんです。

私たちを待つがためにもう無かったはずの最後の力を振り絞り、心臓を復活し、このかーちゃんの抱っこのためだけに。

死ぬまで病気と闘い続け、何一つわがまま、恨み言を言わず、最後まで かーちゃん!抱っこ。

10年間は短いようで長いですね。
でも キャスが私たち夫婦に教えるのには10年かかったんです。
いつか思い出したらそのつど、キャスの教えてくれた事を書こうと思いますが
家族は一緒がいいね!仲良しがいいね!ってことは最後にしっかりと植えつけて逝ったようです。
4.6キロしかなくなったこの小さな身体で全身全霊で無償の愛をくれて 病気と闘い全力で生き続けたキャスパー。
ホントウに尊敬でき自慢できる我が息子です。

今日、火葬場に連れて行って ポンコツだったこのぬいぐるみを燃やして、白い骨と灰になりました。
それはキャスパーの抜け殻であり、キャスパーがいらなくなったもの。
キャスパーは私の心に生き続けます。魂も一緒です。

この晴れやかな空で暖かいイイお天気の12時ちょうど、風に乗って逝っちゃった。
それからその抜け殻をご供養して持って帰ってきました。
火葬される直前は辛くて悲しくて淋しくて時が止まればいいのに!と思ったけど
逝く事はキャスが決めたこと。
これ以上、このポンコツな身体に頑張れなんて言えないですから。
キャスのこの数ヶ月の壮絶な闘病が始まってから 私の体重はトータル8キロ痩せました。
これ以上、かーちゃんに辛い思いをさせたくないと思ったのでしょう。
パパも冬期講習が始まるし、かなり疲労も溜まっているし、年末は火葬場とかお休みだし、
キャスなりに調べて出した日程だったのかもしれませんね。


悲しみはこれから襲ってくるかもしれないけど
今の私は 達成感で充実しています。
キャスは心残り無く私の抱っこを選んでくれた事。一緒にいたいと最後まで言ってくれた事。
こんな愛を最後まで残してくれたキャスに もう 悲しむものは無いんですからね。
私とキャス、パパとキャス、キャスの10年間の人生に悔いはありません。
これからいつでも話せば聞いてくれるし、呼べば来てくれるし、身体は触れなくてもいっつも一緒にいれるんだから。

キャスは今、どこも痛むことなく、背骨もまっすぐになり、お目目も見えるようになり、きっとあの歩き方で チャッチャッチャッチャ・・・といろんなとこに行っているようです。

夕べは痛みが取れたほっとした安堵の顔のキャスでしたが、サヨナラの前はとてもキリッとした
しっかりした顔つきでした。
こんな立派な息子を持ち、10年も一緒に生活できて、見送れて 私たち夫婦はとても幸せです。

ご心配をしてくださった多くの皆様方。
ココを覗きに来ていろいろとご手配をしてくださったご親切な皆様方。
ここで御礼を申し上げるには心苦しいのですが お目にかかる前にまずはここでお礼を申し上げます。

キャスパーの事を我が子のように心配してくださって、愛してくださって、気にかけてくださって
本当に心から御礼を申し上げます。

あの愛くるしいキャスの顔を忘れないで下さいね。
生き抜いたキャスを思い出して頑張ってください。
私もキャスに会うときに笑われないように 一生懸命、生き抜きます。

キャス

『みんな ありがと!またね!!』


キャスパーが旅立ちました

12月10日(水)午前10時45分

私に抱っこされて 眠るようにキャスパーは天国に行きました。

無事に10歳を迎えて かーちゃんの腕の中で満足気に眠るように逝きました。

キャスと私たちの人生に悔いはありません。

十分な幸せをキャスから沢山頂きました。
私はちっともお返しできなかったのが辛いんですが・・・

見送れたことがとても嬉しいです。

いっぱいありがとうを言いました、いっぱい褒めてあげました。
病気がいっぱいの身体で良くぞココまで生きてきました。

病院で心肺停止しましたが 強く蘇って 私たちを待っていてくれました。
抱っこしてもらいたいんだもん、頑固なキャスは最後の根性を振り絞り、私を待っていてくれました。
最後の最後まで親孝行な息子です。誇りに思います。

みなさんもココまで頑張ったキャスを褒めてあげてください。お願いします。


今日は自宅でお別れ会です。
一目会ってお別れをしたい方、お待ちしています。

今まで応援してくださってホントウにありがとうございました。   感謝  キャスパー母

 

輸血しています

お見舞いから戻りました。
院内犬ちゃんの血液が適合し、ゆっくりと輸血をしてもらっています。
本人は 病室の柵をガリガリして 出せ!と何度も主張していました。
帰りたいよね~でも 帰れないからねって、いちおう言い聞かせてきました。

いいね~キャッチャン!今度は赤い点滴だよ~~っておだててはみましたが
腑に落ちない不満たっぷりの顔でした(^_^;)


呼びかけていた ヴァルちゃんのパパさんとも連絡が取れました。
明日、適合検査に連れて行ってくれるそうでありがたいです。

ご心配をお掛けいたしました。
ヴァルちゃんの血液も適合できると安心なんですが・・・

ご心配をおかけいたしました。

輸血になりました。

キャスが輸血をすることになりました。

20キロ以上の大型犬の種類で 輸血にご協力いただける飼い主様を探しています。
ご連絡を下さい。

ヴァルちゃんのパパさんかママさん見たら連絡を下さい!!

連絡先 0422-23-5689

キャスパーの具合

良いと思えば また悪くなり・・・

日曜日の昼ご飯くらいから 食欲が止まったキャス。
好物だったヨーグルトをかけても 何も食べない。お水は飲んでくれるけど 酵素も嫌がり口をつけない。
歯茎を見ると貧血気味。

月曜日、病院に連絡を入れパパが連れて行った。
点滴をできる血管がもう確保できなくなっていたから どうやって乗り切れるか不安で病院からの連絡を待った。

電話があり、やはり貧血になっている。血管が確保できたから点滴ができることになって
点滴入院となった。
一晩お預かりします、ということで 夕べはキャスは点滴入院となりました。

ちょっと良くなり傾向になって ちょっとだけ安心していたのに。
病気は治るわけがないのは解っていながらも キャッチャン元気になったかも!!とちょっとだけ
喜んでいたのに。

腎臓からたんぱく質が漏れ出ているし、腸では栄養を吸収していないから、日に何度も食事を摂らないと 自分の体から栄養を摂り続けちゃうのに。
ご飯を食べてくれないと絶対に困るのに。
免疫介在性疾患もあり、治療法もないから・・・

お店では光線器を一日中当てて、VEL酵素を飲ませています。
自分が手を尽くせることはしているつもりです。

毎年、冬になるとキャスはぐずってきました。
背骨も痛いし、お腹も痛くなるし、辛いと私に抱っこ抱っこといい、寝付くまでずっと抱っこしていました。
この急な寒さもあり、キャスにはきついもんね。
月曜日は朝から抱っこ抱っこ、といい 店でも病院に行くまでずっと抱っこしていました。
この抱っこもいつまでさせてもらえるのかな・・・
抱っこしてももってるかどうか ずっしりとした実感もなくなっちゃってる細い身体。
この数ヶ月で ガクガク・・・・と悪くなっているキャス。
低空飛行でもいいから そのまま生きたいだけ生きて欲しいなぁ。

超音波温浴の料金について

御問い合わせの多い犬種の料金を・・・

リビングむさしのに掲載してから お問い合わせが多くなりました。
ご興味を持ってくださったお客様、ありがとうございます。

お気軽にお問い合わせしてくださって結構ですがとりあえずこちらにも
料金を表示しておきます。

※ ホワイト ベルのHPをリニューアル作業中なので ご不便、ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございません。
1月にはなんとか作業を終えてアップできると思います。


◎ ベーシックコース(超音波温浴、ドライ、お耳掃除、肛門腺絞り、ひげカット)
◎ カットコース (上記ベーシックコースの内容+爪切り、足裏バリカン、お腹バリカン、肛門周り、足回りカット)


チワワちゃん(スムース) ベーシック 1700円  (ロング)ベーシック 2200円 カット3500円
トイプードルちゃん  ベーシック3500円~  カットコース 7000円~
ヨークシャーテリアちゃん ベーシック 3000円~  カットコース5000円~
ミニチュアダックスちゃん(スムース)ベーシック1800円
ミニチュアダックスちゃん(ロング)ベーシック 2500円~ カットコース4000円~
パピヨン・ボストンテリア・フレンチブルドッグ・パグ・ブリュッセルグリフォン・プチブラバンソン・ジャックラッセルテリアちゃんたち ベーシック 2800円

犬種によって料金が異なります。
また カットの量や毛玉の処理量で割り増しのお値段を頂く場合もございます。
お電話でお気軽にお問い合わせ下さい。


リビングむさしの には 全犬種の料金を書くことは出来ませんでしたので
『小型犬の料金1700円から』『カット料金3500円から』と 表記しました。
御了承くださいませ。

ご予約、ご相談、お問い合わせはお気軽にお電話下さい。
電話 0422-39-3656

店長 渡邊 徳子


『キャスの様子』
今日もなんとなく元気にしています。
足取りも軽く、点滴効果が続いているようです(*^_^*)

12月の営業日

12月の営業について


12月のお休みは 本日2日火曜日。9日火曜日。(未定19日金曜日。)です。
12月31日まで通常営業いたします。

16日、23日、30日火曜日のトリミングもご予約を承ります。

24日25日とクリスマスパーティーを企画しています。といっても まだ内容は未定です(^_^;)

31日はお客様とワイワイ楽しく年越しを迎えようと思っています。
年越しそばはぜひホワイト ベルで召し上がってください。

まだ 超音波温浴をお試しでないワンちゃんは1年の汚れを落とすつもりでぜひ体験してください。
ご予約お待ちしております。

『リビングむさしの』の 割引券は無期限ですからご利用ください。

なお ご好評でした 『初回割引500円』も 12月31日まで割引サービスさせていただきます。

年内のご予約はまだ空きがございます。お早めにご予約ください。

ご予約お電話 0422-39-3656



キャスのこと
キャスパーは ぼちぼち元気に生きています。
日曜日に半日入院で点滴をしたので 気分は良いようです。
キャスを知っているお客様方に支えられ、助けられ、励まされて 私も暗くならずにキャスと過ごせます。

忙しくなると 常連のお客様がキャスを気にして下さって ハウスから出るときに介助して下さったり、お水のお皿を倒せば拭いてくださったり、おしっこって言ってます~!とお気遣い下さったり。
昨日は 店内でPPをお漏らししちゃっても みなさんで優しい言葉をかけて下さいました。
お風呂から上がってまったりとしたひと時なのに ずっとキャスに気をかけてくださった メイ&レオンママさんありがとうございます。

お風呂に行く前にと 久しぶりにブログを拝見して下さったBOO&QOOちゃんの飼い主さんは
キャスの状態にびっくりして 泣きそうでその先が読めませんでした・・・と・・・
元気なときを見ているので なおさらびっくりなされたと思います。
BOO&QOOちゃんママさん。キャスを優しく撫でてくれてありがとうございます。

心配だから!って いっつも心配してくれてる モージョ&ヴァルのパパさんよママさん。
昨日、パパさんにずっと抱っこしてもらいました。
ひざの上でクウクウ、キャスは寝ていました。
体勢が悪いかな~って何度も足を組み直したりと 試行錯誤?でキャスに良い体勢を作ってもらって、キャスは満足そうでしたね!ありがとうございます。

キャスの顔を見るためにわざわざ御越し下さる飼い主さんの皆さん、ありがとうございます。

こうしていっぱい支えられてるから頑張れます。

キャスはこんなに幸せだもんねえ~みんなに愛されて幸せです。

今日は午後からレーザー治療に連れて行きます。

プロフィール

ベルママ

Author:ベルママ
ホワイトベルのお風呂は国内で当店だけ。
犬用の超音波の泡風呂発祥の地(^^)v
ナノバブルサイズの泡のパワーと超音波の相乗効果でお風呂で今までにない仕上がりをご堪能ください!

ホワイトベル 電話 0422-39-3656 


☆ 入浴頭数 祝 1万5000頭 ☆ 2017年8月

たくさんのワンチャンにご利用&リピートいただいています。


【 犬スタッフご紹介 】
犬店長 つなちゃん11歳♂ボストンテリア(ペット里親会出身)
在宅店員 タカ吉5歳♂BT(北栃木愛犬救命訓練所1年入所・卒業)
女子店員 コマメ5歳♀(ペット里親会出身) 
見習い店員 カイト11歳♂(H27、5月近所で保護)


ホワイトベルポリシー・・・

『光と水のリラクゼーションと居心地のいい空間を 愛犬とご一緒に』
トリミングサロンも取扱商品もこだわりにこだわったお店にしました。

1.ホンモノの超音波の泡のお風呂(医療用具認定)をシャンプー&カットコースに使用しています。

2.アーク光線療法
アーク光線(医療用具認定・資格取得済)は血行促進・健康維持に効果的です。アーク光線治療機をおいたペットサロン第一号店です


店内には、厳選したドッグフードや安心なおやつ類、犬服も販売しています。
お買い物だけでもどうぞお入り下さい!
 
取扱い商品 ※ビッグウッド正規代理店


   ホワイトベル
東京都武蔵野市 境南町(キョウナンチョウ)2-13-3 1階

武蔵境駅 徒歩 3分  近隣に大型駐車場 3ヶ所有り

電話 0422-39-3656

午前10時~午後7時 

☆☆定休日☆☆  毎月第2・第3水曜日 

10月の定休日・・・11日水曜日、18日水曜日



愛犬のカウンセリング『食事・しつけ・健康』相談を受けています。


【ベルママの持ってる資格】
愛玩動物飼養管理士 1級
ドッグライフカウンセラー(第28005号)
ホリスティックケア・カウンセラー
ホリスティックペットシッター
動物取扱責任者
光線療法指導員(日本光線療法協会認定)
食品衛生責任者
気学鑑定士 鑑定士名 渡邊 人水

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

ベルママTwitter

LINE @ホワイトベル

ホワイトベルの公式LINEです
友だち追加数

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク