123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-05-04 (Thu)
こんにちわ! ホワイトベルのトレーナーの小出かなえです!
第16回目の投稿となります。 宜しくお願い致します。
私の自宅にはラブラドルレトリバーの2才の女の子が居ます。
名前は「はな」です。
はなは国際動物専門学校しつけ・トレーニング学科で担当していた犬です。
しつけ・トレーニング学科では、担当犬制度という4人で1頭を育てていく制度があります。
入学して犬の知識が無い私と生後4ヶ月でおてんば娘だったはな。
何を考えているのか
何をしたら良いのか
何も分かりませんでした。
ただ、がむしゃらにはなに好きになってもらおうと必死でした。
他の担当者に負けたくない。
私とトレーニングしたり、一緒に居る時を一番楽しんでいるに違いない!
この感情が日に日に増していき、
トレーニング授業を行う度に
他の担当者とはなの関係性と
私とはなの関係性を比較していました。
ある日、
"物品持来″
という木で作られているダンベルを持ってくる
というトレーニングを行いました。
他の担当者の時は
楽しそうに持って帰って来ていたのですが、
私の時には他の担当者の所に行って
「見て見て~!すごいでしょ~!!」と自慢しに行ってしまいました。
私に褒められるよりも他の人に褒めてもらった方が嬉しい。
という意味でした。
悔しくて、悔しくて
その日から更にはなの顔色をうかがうようになってしまいました。
「褒めているけど喜んでくれているかな?」
「このトレーニング楽しいって思ってくれているのかな?」
「あっ・・・笑っていない・・・」
「楽しくないのかな?」
こんな事ばかりを考えていた日々でした。
マイナス思考が続いている私をはなは理解していました。
そんなある日、
学校でアニマルコミュニケーションを受けました。
はなは
「母ちゃんごめんね」
「私の事で悩まないでね」
と話してくれました。
「私の事で悩まないでね」
この一言に
悩まなくても良いのか
はなははなだし、自分は自分だし
誰が何を言っても関係ない
私が楽しんでいれば自然とはなも分かってくれる!!
そしてもう一つ
はなの事を信じてあげていなかったことに気づきました。
涙がボロボロと溢れ出ました。
泣いている私の隣にはなは静かに居てくれました。
まるで
「何泣いてんだよ母ちゃん!!私達らしく全力で楽しい事を探して行こうよ!!」
と言ってくれているようでした。
私はこの子と卒業してからもずっと一緒に居たい。
はなの笑顔をこれからも隣で見ていきたい!!
そう思い家族として迎えました。
私はワンちゃんの笑顔を見る事が一番の幸せです!!
ワンちゃんはママさんパパさんの笑顔を見たいはずです!!
私と一緒にホワイトベルのトレーニング教室でワンちゃんの笑顔を見ましょう!!
ご利用お待ち申し上げます。
『 トレーニング料金のご案内 』
初回お試しトレーニング 90分 ¥2160(税込)
トレーニング会員としてご入会際は 初回カウンセリング(約2時間)※トレーニングも込み ¥10800(税込)
お問い合わせはお気軽にご来店ください。
毎日、受付中です!  お困りのままにせず、解消していきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
| ホワイトベルのこと | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する