12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-02-04 (Wed)
連休させていただいたんですが 結局、バタバタと両日多忙でゆっくりの休養は無理でした。
久々に町の人混みにも出て行ったので 声枯れはひどくなったみたい・・・

2月3日節分。
節の変わり目の日、旧暦では新年の始まりの日。
小春日和に、また キャスの亡くなった日を思い出しました。
やり直したお位牌も気になっていたので 急遽、お位牌の魂入れに行こうよ、パパ!と
思い立ち、お寺(慈恵院さん)に入魂のご供養に行きました。

風も無く、とても暖かい日・・・
キャスが逝っちゃった日も 真冬なのに暖かい日だった。
少しずつ整理しなくちゃいけないし、日曜日の晩に お店でキャスの声を聞いたし、

そうなんです
日曜日、店終いをし常連のお客さんと食事をしながらお話をしていたんです。

キャスの話はしてなかったんだけど、私の後ろの下のほうから
『アギャン!』という聞き覚えのある声が聞こえた。
キャスはワンとは吠えられない子だったから アがついたギャみたいな声でギャンといいます。
その声、のように 私には聞こえたんです、はっきりと。

『今の何?ギャンって?聞こえたよね?』とお客さんに聞くと
『え?何も・・・私聞こえないよ!』って

とうとう来たみたい! キャスパー!!
ボクいるよ!って 言ってたみたい

嬉しかったなあ~~~
久しぶりにキャスの声を聞きました。
いろいろあって塞ぎ込みがちだったから かーちゃん!元気を出して!って言ってくれたのかな~~
何しろ、良い子だから、親孝行の可愛い息子だもの(親馬鹿でスミマセン)

そろそろ 以前のようなパワフルなかーちゃんに戻って欲しいのかもしれません。
毎日、毎日、お線香をあげては泣き、ブログを書いては泣き、と いつまで経っても涙が切れない私を見て 元気つけてくれたのかもしれません。

死ぬまでキャスパーを守っていました、今は キャスパーに守られているんですね。
とても実感しています。


お寺の受付で お位牌間違いされた四十九日法要の日に 励ましてくれたお坊さんが今日もいました。
どうした?少しは落ち着いた?今日はお位牌だね。 と また優しい言葉をかけてくれました。

ご供養していただいたお坊さんもあの日と同じお坊さんだった。
お位牌を渡すと 『立派なお位牌を作られたんですね。キャスパーちゃんも喜びますね』と ニコニコと受け取ってくれた。
お墓はまだ予定に無いから、小さなお仏壇とこのお位牌がキャスへの最後のプレゼントになりました。

今日はそんなに泣かなかった、日曜日に声が聞けたことが嬉しかったから、ニコニコとお坊さん達とご挨拶も出来た。
お経の最中は少しこみ上げたけど号泣はしなかった。
私もだんだんと気持ちの整理が出来てきたのかもしれない。

次は百か日の法要、そして春のお彼岸、まだまだキャスにやれることはいっぱいある!
それを楽しみとしようと思っています。
きっと一周忌の法要は盛大にしちゃうかもしれません、なんて・・・

キャスには毎日、ありがとう。って手を合わせています。
これからはキャスが守ってくれてる、それがとても嬉しく、愛おしく、ありがたいです。
この節分に気持ちを明るく切り替えようと思います。

IMG_0375.jpg
キャッちゃんのお仏壇です。
お位牌の下の扉の中にお骨が納めてあります。
お鈴も欲しかったんだけど キャスを呼ぶにはタマゴちゃんのピッピッピという音のほうが
可愛いかな~と、右手前の黄色と青のタマゴちゃんをお鈴代わりに使っています(*^^)v

関連記事
スポンサーサイト
| 天使キャスパー | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する