12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-02-11 (Wed)
キャスパーが死んで 2ヶ月が経ちました

12月10日にキャスが天国に逝っちゃってから 2ヶ月が過ぎました。
もう二ケ月も時間が過ぎたんですね・・・
あの日と同じような穏やかな晴天。
暖かい日差しを浴びると 日向ぼっこが好きだったキャスを思い出します。

般若心経を唱えてあげて ありがとうをいっぱい言った。
いつまでも淋しい淋しいと涙を流していては キャスも心配するだろうから・・・と
気を取り直して 用足しに町へ出ようと玄関を出て郵便物もチェック!と 見ると グレイの葉書が入っていた。

まさか、
ホワイト ベルという会社の命名と私に鑑定士の名前を授けてくださった、気學のお師匠であり
今まで渡邊家が無事で暮らせて 会社の経営相談もしていた 恩師が亡くなった知らせだった。

1月23日病気にて・・・・
とあった。
また 泣かなくちゃいけなかった。そろそろ涙も尽きるはずだったのに また大切な人と別れを
しなければいけない。

亡くなる一週間ほどまえに お店に来てくださった。
間違ったところが無いかチェックしてもらって 土曜日だから忙しく、ゆっくりと話はできなかったけど 私の淹れたコーヒーを飲んでいただいた。
良かったな、いいお店になって。と言って下さった。
なんだか楽しそうにお店を眺めていた。

それから お話をしていない。
まだまだ習わなければいけないことが山ほどあったのに。
もっとお話をしたかったのに。残念でしかたない。

でもこれからはいつでも見守っていてくれるはず。
すぐそばで見ていてくれるはず。
だから 一生懸命に生きる。先生が最後まで人を幸せにするために仕事をし続けてきたように、
私も一人でも1頭でも多く、幸せのお手伝いができるように精進したい。

と、気合を入れるはずだった今夜、また 別れの話を聞いた。

なんだか 虹の橋の向こうは賑やかそうです。

度重なる別れ、その一つ一つに私の中に意味がありました。
辛いばかりと思わずに 別れも生きるために必要なのだと あらためて思いました。

キャス、先生に会ったら御礼を言ってね。

関連記事
スポンサーサイト
| 天使キャスパー | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する