12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-04-04 (Sun)
3日土曜日の夕方、予定通りマーチは退院いたしました。

ご心配をおかけいたしましたが 無事に肺水腫の水は抜けてレントゲンに影も無く退院となりました。

水曜日に緊急入院をした時にはホントウに心配しましたが、早期発見だったから大事には至らないだろうと
希望もありましたし、毎度ながら病院スタッフの懸命な看護により マーチはちゃんと帰ることが出来ました。

何年ぶりか・・・マーチがいなかった4日間。
腑抜けでした。とりあえず看護に向けて体力はつけておこう!なんて やけ食いをしたり、ただボーっと
テレビを眺めていたり、今後、マーチがいなくなった生活はどうなるのだろう・・・なんてネガティブに想像したり・・・

あらためて マーチが自分の生甲斐であり、精神であり、体の一部であることを実感いたしました。

一緒にキャスパーの看病をし、苦労をかけてばっかりの長男坊のマーチにこれからもっともっと恩返しをしなくてはいけないと思いました。

我が家がホッとするのか、一通りわがままをいってクレクレ攻撃をしてから 私にくっついて寝始めました。

この寝息、毛並みの手触り、足の冷たさ、存在感全部が戻ってきたことにホッとしました。

気合が抜けたせいか、プチギックリ腰になったようで腰が痛すぎています(-_-;)

やさしい励ましのお言葉を下さった皆様ありがとうございました。 

しばらくマーチは自宅療養になります。元気にお店に戻れるようにゆっくり休ませます。


関連記事
スポンサーサイト
| ボストンテリア | COM(2) | TB(0) |
コメント

















管理者にだけ表示を許可する