12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-11-21 (Tue)

日曜日、西友に買い物に行った。行かなきゃいいんだけど、解っているんだけど生体も売っているペットショップコーナーについ足が向いてしまった。

あの光景だったから。
幕張のイベントに行った時と同じく、ま、会社が同じだからどこでもやることは一緒なんだろうけど・・・白い会社名入りの箱に 上にはセロハンの窓がついていて 人間が覗いて あ~この子可愛いな~~と品定めして買う方法 になっていた。
白い箱が並んでいる・・・ボストンテリア とあった。

だから・・・見なきゃいいのに見ちゃったから。
箱の外側に座っていた男女がボストンを撫でていた。
オスだそうで ヘルニア持ち だから安くなっているそうで、15万くらいって言ってた。
店員は何も知らなさそうな感じ。
しかも そのボストンは色が薄い。9月後半生まれの2ヶ月そこそこのパピーなんだけど、身体の色がグレーに近いボストンカラーだ。出所は福岡の自家繁だろう。

身体を持たせてもらって 後ろ足の体重の賭け具合いを見てみた。片足に体重を欠けられない状態。顔はいい!目も離れていてヘッドも丸く顔立ちが整っていた。

その男女さんは愛おし気に優しく撫でていた。ボストンはすでに1頭飼われていて その子もわん◎◎◎ムラで保護、いやいや(-_-;)買ったらしい。

きっとスタンダードなボストンは見ていないのかもしれない。
ワタシなら その子は飼わないけれど(これ以上犬の医療費が出ないので) その男女さんに 『良かったら助けてあげてね』といって帰ってきた。

あの展示方法と店員の無知度、可哀想な乱繁殖の子など ハラワタ煮え返りながら、ムカついていたワタシに 『でも 売れなかったら処分でしょ?買ってもらえたらあの子は幸せだから・・・』と マーチパパがこぼした。

そうなんだよね。どんなカタチの子だろうと 犬には罪はない。
ヘルニア持ちをまるで簡単に説明をつけて 値段までつけて売っている業者は憎いが、そこで売れたなら 誰かが保護してくれるなら その子の幸せは確保できる。
これは売れる子じゃないわね・・・と 店に並ぶ以前に何かあったら・・・

もう行かない。もう見ない。 あんな展示は許せないしね。
自分で1頭も保護してやれないんだから 見る資格はないし、とにかく 白い箱たちの幸せを遠くで祈るしかないんでしょう。

もすこし、ましな売り方を考えないのかね・・・   ため息ばかりの日曜日でした。
グレーのボストンって将来、何色になるんだろうか・・・

関連記事
スポンサーサイト
| | COM(2) | TB(0) |
コメント

















管理者にだけ表示を許可する