12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-11-09 (Fri)
昨日、マーチパパと久しぶりの『カフェの視察』
ずっと不動産周りしていたので 視察は久しぶりコーヒー&ハート
まずは 近所のカフェで ランチを兼ねて・・・
木曜日の 午後1時を回ると意外と吉祥寺のランチも空いてくるようで お目当てのお店にも待たずに入った。

店員さんのもてなし方や 店の雰囲気、メニューの値段、出てくるまでの時間、料理の味、盛り付け方、食器など、いろいろと チェックをするから 味わい方も真剣になるボストンテリア ガォー

お店は 窓際付近の席だと確か、ワンコ連れもオッケーのお店。
ちょっとした事件を目撃してしまったので 名前は伏せておきますね。

料理は厨房の若い男女3名ほどで ちゃんと作っているようで お客様の多かったから20分ほど 料理が出るまで待ちました。
定番メニューの カレーのランチセット&タコライスのランチセット。

カレーは先に作って 置いてあったようで ルーもライスも冷めていた。
味はそこそこだったけど すっかり冷めたカレーは ×って感じでしたボストンテリア ほんとに~ため息
パパの タコライスは ンンン・・・? イマイチ、タコライスが好きではないので 美味しいともまずいともいえない感じ。
辛目のソースが まばらにかかっていたようで すっごく辛い箇所があった。

それから デザートの フレンチトーストを頼んであったのが 伝票には書かれておらず、それからまた20分ほど待たされた。

ま。吉祥寺の若い子が作っているカフェなんて どこもこんな感じだった言うのは 4年前から解ってはいたんですが・・・
自分のお店では そうしてはいけない、そうしない、事も学ぶには 現場に行かないと気付きませんからね。

そして 良い経験になった 事件があった。

バギーで赤ちゃん連れの 4人の若いお母さんたちが入ってきた。
みんなバギーを押して 固いガラスの扉も押して 入ってきた。
なんだか 若いおねえちゃん店員が 話していたから きっとテープルを片付けるのでお待ち下さい、と言ったのであろう。

その後に 二人の女性が入ってきた。
片付けていた若いおねえちゃん店員が どうぞと 先に片付いているテーブルに案内してしまった。
その 待っている4組のお母さんたちには 一言も何も告げずに・・・

様子をずっと観察していた 私は 見逃さなかった。

一番最初に先頭にたって入ってきた お母さんの顔つきが変わった。ムッとした、不機嫌な表情に変わった、途端。
後ろに並んでいる 3人のお母さんたちに何か告げた。
すると 一番後ろに待機していたお母さんのバギーがバックした、次のお母さんも、そして次も・・・

その様子に 片付け最中の若いおねえちゃん店員が気付いた。
顔つきが変わったお母さんが 『いいです、もう』みたいなことを言ったようで
片付けおねえちゃんは 呆気にとられた。『ええ?なんで??』って 鳩マメ顔。

外に出た 4人のお母さんたちは 皆、むっとした顔で去っていった。

片付けおねえちゃんは 『原 因』が解らないようだった。解らないでしょうね、きっと。

お客様にはその陰に数十人のお客様がいらっしゃる。
×4=◎◎人 の お客様が この店にはバギーで来ないし、優しくないお店という認識になる。 であろう こともきっと片付けおねえちゃんは知らない。

私としては とても いい経験をしました。
マーチパパとバーチャルで、私ならこうする、こう言う、ってことを やっと出てきたキャラメルソースたっぷりのフレンチトーストを頬張りながら 話していた。

味見だけでなく、対お客様との接し方も 今後、益々興味深い 視察になりそう。
関連記事
スポンサーサイト
| ドッグカフェ | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する