12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-11-12 (Mon)
夏が過ぎて、秋になりだんだんと寒くなってくると 心臓病と骨の病を持つ我が家の犬たちの散歩の時間は お天道様が高く上がって ポカポカした お昼になる。

心臓や骨の悪い子には 冷たい空気は大敵ですから。

今日は温かく絶好のお散歩日和。
留守番がちな マーキャスのために のんびりと少しロングのコースに出かけた。
ちょうど 売り地 をはさんだ 向こうの通りに 近所のウォータードッグガーデンの店長さんと店員犬さんが出勤らしく歩いていた。

角を曲がると 出くわした。
挨拶をして ちょっとお話。
のりっぺ 『もういくつになられたんですか?』と聞くと 16歳になったという。
足取りも軽く、飼い主さん共にスレンダーなボディのふたり。
こちらは 飼い主と共に ぽっちゃりな親子。

その16歳の店員犬のBlues姉さんは お眼目は見えているけど お耳が遠くなったらしく、自分の声があまり聞こえないようで 吠える声が大きくなって こっちが迷惑です、って 店長さんはニコニコと話していた。

それでも 匂いを嗅ぎたくて 近寄るマーキャスに反応していたから 聞こえないわけではないようでした。

店長さんとその子が歩いている姿は 何度も見かけていますが そのたびに、あのふたりの出す雰囲気と言うかオーラというか、とてもとてもしっくりした関係、絆がわかります。

16年間の絆 なんでしょうね・・・

うちは まだまだかも。どういう親子に見えているのかな~~??
・・・20歳まで頑張ってもらおう。

ウォータードッグガーデン
http://www.waterdoggarden.net/top.html
関連記事
スポンサーサイト
| | COM(1) | TB(0) |
コメント
















管理者にだけ表示を許可する