12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-12-12 (Wed)
火曜日。チーズケーキの実習でした。

チーズケーキなんて またまた生まれて初めて作るんです。
もともと スイーツ類は 和菓子系が好きで ☆白玉クリームあんみつ☆なんて聞くと もうよだれが出ちゃいますから。
あずき、小倉餡、ところてん、きんつば・・・・・和菓子は買ってでも食べるけど 洋菓子は頂くばかりで あまり自ら買うことは無かった。
しかも チーズケーキなんて 初めて口にしたのは 高校生の時。
文化祭で出店するとかで 友達が自分でこさえてきて 食わず嫌いしないで食べてごらんと
食べたのが ベイクドチーズケーキ&スィートポテト。

チーズはチーズであって お菓子ではない。って感じで 乳臭さも嫌いだったから食べたことも無かった。家ではかーちゃんがたいてい、伊勢屋で大福やあんこのお団子、みたらし団子をかってくるような下町育ちで 『家で焼いたのおおお~♪(ブリブリ)』的な風習は無かったのだうぉ~い

焼き芋って こんなになるの??と カルチャーショックを受けた スィートポテト。
でも やっぱり焼き芋のほうが良いな~~今でも。

そんな 私が 今ではお菓子作りにハマりそうな予感。
明日、レンジ台や食器棚が届き、翌日にはブレンダーとケーキ型など器具も届く。
形から入る簡単な性格だから 気分は パティシィエバラバラバラ5

さてさて 作品紹介。

パートシュクレ(仏語でタルト生地)は 少し修正をしましたが 焼きあがりは上出来。
タルトを膨らまないように焼くための重し、っていうの~ タルトストーンを取り除き、タルト生地が見えたときは感動を覚えました。『あたしったら天才かもおおおおお』
それから 卵を薄く塗り、空焼きして アパレイユ(同じく仏語でタルトの中の具)を 生地のふちから 7ミリほど下まで注ぎいれます。

それから 暁成30分。そして これが 『魔女特製・素朴な味の優しいチーズケーキ・思わず眼をつむって夢心地になります』って 商品名(^_^;) 長いか・・・
IMG_1869.jpg


毎度ながら 自分が作ると何でも美味しい。

学園で教えていただくこのお菓子たちはみな、優しい味になっている。
基本的なケーキを教えてもらっているんだと思います。
シフォンケーキ、ロールケーキ、チーズケーキ。
それぞれ 優しい味も基本になっているようで 甘過ぎず、くどくなく、なんだかほっとする優しい味になっている気がします。

そしてパパのデザートに チーズケーキと すっきりとした味わいの アールグレイを添えて・・・
IMG_1873_20071212181117.jpg

器に合ったフォークがなかったのが悔しいんですが・・・(^_^;)

二日目になると またお味が変わるそうです。
今日の試食はこれからです。どう変わっているのか楽しみです。

でも 私にとっては このほうがかなりデザート感覚で楽しめます。
眠くて舟漕いでた きゃあ坊。そばにボールは欠かせません・・・・・・。
IMG_1876.jpg


かーちゃん頑張って働いて ゴハン&医療費を稼ぐからね、待ってなね、きゃあ坊!
関連記事
スポンサーサイト
| | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する