12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-04-11 (Wed)
今朝、問い合わせたところ、朝ご飯もしっかりと食べ、小さなウンチをして、立とうとしてはギャンと泣き倒れてしまう、という感じでよく寝ているそうです。
午後4時に電話を入れたところ、立とう、ギャンが続くので 量を加減して子犬にも安心な消炎鎮痛剤を注射することになりました。
大院長先生が来ていたそうで、しばらく痛み止めの漢方薬も使うことになりました。

まだ朝のレントゲンで食べている小石が胃と小腸にあるのでこちらも様子を見ないといけません。

退院になるか、入院しておくか、あとで病院に行き相談します。

この子は健康だから大丈夫という私の過信が招いた事故です。

これがキャスパーがビッコしていたらすべてをキャンセルするくらい速攻病院だったし、マーチだったらこうだったのに、とか ついつい健康な子だからということでタカ吉にはおろそかにしてしまっているなぁ・・・と反省ばかりです、仕事も手に付かず夕方になってしまった(-_-;)

犬が具合が悪くなったり、入院すると、心身を削られるごとく心配で心配で仕方ないのに、また犬を飼ってしまった(-_-;) しかもまた2頭も・・・病院に通うと、いろんな疾患でくる患者犬さんを見る、そのたびに いつか時が来ればこうしてまた病気の心配をするのになんでまた飼ってしまったか、と自問自答が始まるけど、居ないとまともに生きていけないことが キャスパーとマーチを送って身に染みましたから また迎えてしまいました。

今日でタカ吉4か月才になりました、これからもっともっと愛情も手も気もかけてあげないと!

何度も立とうとするタカの根性を褒めてあげないと!とにかく元気に生きていればいいです。
関連記事
スポンサーサイト
| ボストンテリア | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する