123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-10-04 (Thu)
今日、通常通り出勤しました。

朝からツナちゃんを心配してくださっているお客様がツナのお見舞いに来てくれてとても有難くって!

ツナちゃんとっても愛されているな~って。本当に嬉しいです!!ツナも超嬉しそう!

図太くなっている私よりもきっと昨日の検査中や帰宅後、そして今日のツナ吉を心配してくれていたようで

こんなに応援してくださる方がいること、心強いです!

大病慣れをしていると言っても、いつ何時落ち込むか分かりません、その時はきっと皆さんの優しい愛でまたムックと立ち上がれるでしょうね(*^_^*)

本日の皆々様!!ありがとうございました。

そして嬉しいことが!サプライズゲストにビックリ!

かかりつけの病院の大院長先生が日獣の用事の帰り、と言ってお店に初めていらっしゃいました。

ビックリです!不意打ちです~(-_-;)

え??来て何か言われるのおおお??写真の診断が悪くなっちゃうの??なんて一瞬思ってしまいました。
肝心なことはいつも大院長の口くちからだったから・・・

きっと渡邊家歴代ワンコの中で最大で最高の難題な疾患だからツナを心配して様子を見に来て下さったのだと思います。

いやいやビックリでした(-_-;) でもすごく嬉しいです!大院長先生を見るとやっぱり病気が治る気がしちゃいます。単純ですけどね・・・マーチもキャスパーもどれだけ救ってもらったか。

ツナの様子を見て、少し楽観できる、と安心していました。

アニマルコミニュケーターのT先生もツナを心配して来て下さって、ずっと手当をしてパワーを送ってくださいました。& 大院長のパワー注入ですから~~~もう ツナちゃん治っちゃう!!

助けてもらえるところに来るんだって。そうですね、また早めの発見ができてなおかつ生きることを諦めない私の所にくるんだからツナちゃんは選んで来たんだね。

ツナの病気も好転するような気がします。ね!ツナ!

とは言うものの、否定したい事があるからと血液検査に来て欲しいと要請があり、閉店作業を南ちゃんに任せて、ツナを連れてまた病院へ行きました。

絶対に無いはずですが、ジステンバーの有無を調べるそうです。

ツナは保護犬で5年半という長い間、悪徳繁殖屋を転々と繁殖犬として使われ、挙句の果てに用済みで捨てられました。だから 病歴やワクチン履歴がありません。

念のための検査だそうです。可哀そうにまたチックンだったね。

当面、ステロイド治療で炎症を抑えて、半年後もう1度、MRIの検査をする予定。

さ、ツナ!一緒にやっつけようぜ!って感じで、私は元気です。私のこともご心配頂ましてありがとうございます。涙はキャア坊とマーチで枯れ果てて残ってないみたい。すぐに渇いちゃいます。

大丈夫、ツナは絶対に大丈夫です。皆さんも病気が出る前のように接してあげてください!

『ツナ!今日も元気だね!!』って笑って声をかけてくださいね。それが物凄い生きる力になるはずです!

皆様、ありがとうござまいます。感謝感謝感謝・・・ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
| ボストンテリア | COM(1) | TB(0) |
コメント
















管理者にだけ表示を許可する